オンラインによる現代アート作品のレンタル+販売サービス「clubFm」(クラブエフマイナー)運用開始

DreamNews / 2014年12月4日 12時0分

写真

株式会社エフマイナーは、12月4日より絵画等の現代アート作品のレンタル+販売サービスclubFm(https://clubfm.jp)β版の運用を開始します。アーティストのアトリエで休眠資産となっている現代アート作品のうち質の高い作品を専門家が選別し、その作品を月額4,800円よりオフィスや執務室等に貸出します。サービス利用者、従業員はその中で気に入った作品を実際に購入することもできます。

株式会社エフマイナーは、12月4日より絵画等の現代アート作品のレンタル+販売サービスclubFm(https://clubfm.jp)β版の運用を開始します。

アーティストのアトリエやギャラリーの倉庫で休眠資産となっている現代アート作品を、月額4,800円よりオフィスや執務室等に貸出します。サービス利用者、従業員はその中で気に入ったものを実際に購入する事もできるサービスです。

作品は、専門スタッフにより選定されており、質の管理をしています。その作品群から、コンシェルジュがあなたの好みと環境を踏まえてピッタリな作品をお薦めします。これにより、アートに興味がありながらも、実際の生活空間への取り入れ方に悩む方の問題を解決します。
現在、弁護士事務所の執務室などの個人利用から大手IT企業やデザイン会社などでのビジネスユースまで利用者は拡がっており、本サービスによって、“刺激と緊張感あるオフィス作りが気軽にできた”、“本物への拘りが来客した方にも伝わりブランディングになる”、“心地良い雰囲気作りとコミュニケーション促進に一役買っている”などの評価を頂いています。- https://clubfm.jp/power_of_art

これまでに30名の作家の参加が決まっており、200作品程度を扱っていますが、今後、2015年6月までに1000作品、2016年までに20000作品の取り扱いを目指しています。

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社エフマイナー
担当者名:森田博和
TEL:070-6969-1412
Email:info@galleryfm.com


[会社紹介]
元経済産業省で2013年にシカゴ大学ビジネススクール(MBA)を卒業した起業家森田と、日本での現代美術の草分けとなる東京画廊+BTAP 出身のギャラリスト佐々木により設立されました。現代アートが一般の人々の生活に当たり前のように浸透し、今以上に創造的かつ知的で文化教養溢れる社会を実現するために、従来の慣習や概念にとらわれずに、オンライン等技術を活用した「次世代型ギャラリー」としての在り方を追求しています。

会社名:株式会社エフマイナー(英名 Fm Inc.)
http://galleryfm.com -Web page
https://www.facebook.com/galleryFmTokyo -Facebook
https://twitter.com/galleryFmTokyo -Twitter
http://blog.galleryfm.com - Blog
代表取締役:森田博和
設立年月日:2013年8月22日
資本金:1500万円
所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ルソレイユ3-303
tel 070-6969-1412 | email info@galleryfm.com

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング