「LNG船(液化天然ガス運搬船)の世界市場 2015-2025年」リサーチ最新版刊行

DreamNews / 2014年12月11日 9時0分

写真

リサーチステーション合同会社は、英国Visiongain社の最新リサーチ「LNG船(液化天然ガス運搬船)の世界市場 2015-2025年」のお取扱いを開始しました。

【レポート紹介】
天然ガスはパイプラインで移送されるのが通常ですが、海底パイプラインは陸上より耐用性で劣るため中小距離の敷設にとどまることが一般的となっています。現に日本、オーストラリア、そしてインドネシアといった多くの海洋国は天然ガス産出国からの直接のパイプラインをもっていません。天然ガスを海上輸送するには極低温液化というプロセスを経ます。このプロセスでガスは液化天然ガス(LNG)となり、その体積はガスの600分の1に縮小されLNG船に積載されることになります。運搬、貯蔵後に再ガス化が行われます。
LNGは断熱(保冷)貯蔵システムを備えた運搬船で移送されます。現在でも新規造船で使用されているのが、技術的に最も歴史のあるモス型貯蔵システムです。もう1つはメンブレン方式(GTT No.96, T Mark-III, Mark III Flex)であり、モス型で用いられる断熱球体容器の代わりにメンブレン(膜)を船体内部に貼り付けて断熱しています。積載量5万立方メートル以下の小型船には別の技術が使用されています。
大型LNG船を建造しているのは現在、日本、韓国、そして中国の3カ国です。LNG船市場はガス液化能力と密接に連動するという特徴があります。主要輸入国は東アジア地域、特に日本と韓国である一方、主要輸出国は北米、アフリカ、カタール、オーストラリアなどになります。米国はシェールガスの増産により2年後にはLNG輸出国となるでしょう。
LNG市場の成長に伴うLNG船需要の増大は、中国のガス需要増加に伴う輸入拡大にかかっていると言えるでしょう。中国政府はLNG船を国産で建造する方針でおり、このことは中国で唯一LNG船を建造しているHudong Zonghua社の市場シェア拡大をもたらすと見られます。LNG船の既存受注残高と、液化能力の追加に見合う新規受注見込みを分析し、Visiongain社ではLNG船の世界市場は2015年に74億5000万ドルに達すると推計しています。

【英文市場調査レポート】
LNG船(液化天然ガス運搬船)の世界市場 2015-2025年
Liquefied Natural Gas (LNG) Carrier Market 2015-2025
Capex Forecasts For Shipbuilders & Prospects For Operators
http://researchstation.jp/report/Visiongain/2/LNG_Carrier_2015-25_VGN295.html

【レポート構成概要】
・LNG船の世界市場予測2015-2025年(CAPEX:資本支出予測)
・全241ページ、141個のデータ表、グラフ類で分析定量化
・業界企業オピニオンインタビュー:Stena Bulk
・主要国別、LNG船市場予測(CAPEX)2015-2025年
- 韓国
- 中国
- 日本

・貯蔵システム別市場予測2015-2025年
- GTT No 96
- GTT Mark III
- モス方式
- 小型貯蔵

・リーディング企業7社分析。2014年各社CAPEX、市場シェア、事業計画
- Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering (DSME)
- Hyundai Heavy Industries including Hyundai Samho Heavy Industries
- STX Offshore & Shipbuilding Co. Ltd (STX)
- Samsung Heavy Industries (SHI)
- Hudong Zhonghua Shipbuilding (Group) Co. (HZ)
- Kawasaki Heavy Industries (Kawasaki)
- Mitsubishi Heavy Industries (Mitsubishi) - Japan - Moss

・LNG船運用、海運企業トップ10社プロフィール、展望分析
- Royal Dutch Shell plc, (Shell)
- Nippon Yusen Kabushiki Kaisha (NYK)
- Mitsui O.S.K. Lines, Ltd. (MOL)
- Misc Berhad (Misc)
- Teekay Corporation
- Maran Gas Maritime Inc. (MGM)
- Golar LNG Limited (Golar)
- BW Group
- GasLog Ltd
- Kawasaki Kisen Kaisha (K Line)
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/Visiongain/2/LNG_Carrier_2015-25_VGN295.html

発行元:Visiongain(英国)
Visiongain is a trading partner with the US Federal Government
日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2014年12月11日

★関連レポート
「FLNG(浮体式洋上天然ガス液化設備)の世界市場2014-2024年:FPSOおよびFSRUのリーディング企業展望」
http://researchstation.jp/report/Visiongain/FLNG_2024_VGN178.html

★エネルギー関連リサーチ一覧
当社では、石油、天然ガス、シェールガス、シェールオイル、LNG、メタンハイドレード他、幅広く天然資源・エネルギー関連の市場調査レポートをご紹介いたします。
http://researchstation.jp/categories/natural_resources/naturalresource_material_reports.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング