【矢野経済研究所マーケットレポート】「2014年版 コンタクトレンズに関する市場動向調査」を発刊いたしました

DreamNews / 2014年12月22日 12時0分

矢野経済研究所では、下記の要領にて「2014年版 コンタクトレンズに関する市場動向調査」を発刊いたしました。

コンタクトレンズ・関連製品市場は、1991年の市場投入以降、使い捨て(ディスポ)型のコンタクトレンズにより牽引され拡大を続けてきた。導入当初は、新鮮さや取り扱いの手軽さが評価されていたところ、普及が進み競合製品が増える中、消費材としてのディスポ型レンズはコモディティ化し、市場は価格競争の様相を呈している。他方、高い酸素透過性を実現し「うるおい」や「みずみずしさ」といった装用感をもたらす新素材の導入、1千万人に及ぶと言われている乱視人口への対応としてのトーリックレンズ、高齢化の急速な進展に伴い増大する老視人口に向けた遠近両用レンズの品種拡大と、高機能・高付加価値化が市場の向かうべき方向のキーワードとなっている。あるいは、近年、カラーコンタクトレンズ、サークルレンズといったコスメ系コンタクトレンズの登場により、「おしゃれ」という新たな機能がコンタクトレンズに加わり、安全性の問題が指摘されつつも、新たな市場伸長要因として肯定的な捉え方が形成されつつある。本調査レポートでは、継続して当該分野の市場調査を実施し、今回は第27回経時調査としてコンタクトレンズ、コンタクトレンズ用剤・用品および点眼薬における11品目分野に関するコンタクトレンズ・関連製品市場の最新動向、市場規模、製品動向、販売動向、小売市場動向、チャネル動向、参入企業動向など市場を全体的に把握・調査し、人口減少によるコンタクトレンズの装用人口減少および製品市場の縮小が懸念される中、当市場の将来(2019年)状況を予測・展望した。

発刊日: 2014/12/04
体裁: A4 / 200頁
書籍 定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版) 定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円)
セット(書籍とPDFレギュラー) 定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円)
PDFコーポレート(法人内共同利用版) 定価 712,800円 (本体 660,000円 消費税 52,800円)
セット(書籍とPDFコーポレート) 定価 745,200円 (本体 690,000円 消費税 55,200円)

■本資料のポイント
●コンタクトレンズ及び関連製品の市場を網羅的に捉えた総合的マーケティングレポート
●当市場をサプライサイドから定量的・経時的に把握
●対象製品11分野の市場規模を品目別に調査・分析。短期的見通しを提示
●2019年の製品市場および装用者数の規模を定量的に予測
●製品動向、販売動向、チャネル動向、市場参入企業の戦略等データの背景を定性解説

⇒詳細内容・お申し込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/C56110800
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング