自動車先進安全システム市場調査レポートが発刊

DreamNews / 2014年12月22日 10時30分

総合技研株式会社は、自動車先進安全システム市場を詳細に調査・分析した調査レポート「2015年版 自動車先進安全システムの現状と将来性」を出版しました。

総合技研株式会社が出版した「2015年版 自動車先進安全システムの現状と将来性」は、既に実用化が始まっている先進安全システムに加えて今後、有望視される次世代型安全システムまで幅広く取り上げ、各システムにおいてその構成部品、サプライヤー、納入マトリクス(カーメーカー/部品メーカー)、市場性、技術動向などを掲載しています。

調査対象システム

1.レーザー・レーダー・カメラ応用システム

自動運転システム
自動ブレーキシステム
ドライバーモニターシステム
インテリジェントヘッドレストシステム
車線変更支援システム
車線維持支援システム
駐車支援システム
俯瞰映像カメラシステム
暗視カメラシステム
ビューモニターカメラシステム

2.車両運動制御システム

ESC
VGRS
ステアバイワイヤ(電子ハンドル)
車両運動統合制御システム
トラクション・ブレーキ協調制御システム
ステアリング・ブレーキ協調制御システム

3.ナビ協調システム

ナビ協調シフト
ナビ協調ブレーキ
ナビ協調サスペンション

4.その他システム

AFS・AHB(ヘッドライト光軸調整)
TPMS
ポップアップエンジンフードシステム
アルコールインターロックシステム
ペダル踏み間違い防止システム

調査項目

I.先進安全システムの市場概要

1.先進安全システム別構成部品一覧
2.先進安全システム別採用カーメーカー一覧
3.先進安全システム別参入部品メーカー一覧
4.先進安全システム搭載にともない創出される部品市場の動向
5.先進安全システムのシステム別搭載率動向

II.個別システムの市場分析

1)システム概要と構成部品
2)参入メーカー
3)市場規模推移と予測(数量・金額)
2011~2014年実績
2015~2020年予測
4)システム採用車一覧
5)メーカーシェア動向
6)カーメーカーと部品メーカーの業界マトリクス
7)技術開発動向

III.先進安全システムと自動運転の実用化

1.カーメーカー・地域別先進安全システム導入状況
2.日米欧における自動運転普及ロードマップ
3.自動運転関連特許出願動向
4.自動運転システムを構成する要素技術開発動向

IV.交通事故分析

1.各種状況による交通事故死傷者の動向
2.事故の背景、要因からみた安全システムのニーズ分析
3.事故類型別からみる分析及び有効な安全システム

◆ このレポートについて
2015年版 自動車先進安全システムの現状と将来性
出版社:総合技研株式会社
出版年月:2014年12月
http://www.dri.co.jp/auto/report/sg/sgsafety.html

◆総合技研株式会社について
http://www.dri.co.jp/auto/report/sg/index.html

株式会社データリソースは総合技研株式会社の販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

株式会社データリソース (総合技研株式会社 正規販売代理店)
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp
Eメール:office@dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/melmag/backnumber.php

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/free_appl.php

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング