ソフトバンクモバイルの実証実験にエーアイが音声合成の技術協力をおこないます ~福井県立恐竜博物館におけるウエアラブル端末を利用した実証実験を実施~

DreamNews / 2014年12月26日 13時0分

高品質音声合成エンジンAITalk(R)を開発する株式会社エーアイは、2015年1月16日(金)、17日(土)にソフトバンクモバイル株式会社が実施する、福井県立恐竜博物館におけるウエアラブル端末とiBeaconTMによる位置情報を利用した実証実験にて音声合成の技術協力をおこないます。

高品質音声合成エンジンAITalk(R)を開発する株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介)は、2015年1月16日(金)、17日(土)にソフトバンクモバイル株式会社が実施する、福井県立恐竜博物館におけるウエアラブル端末とiBeaconTMによる位置情報を利用した実証実験にて音声合成の技術協力をおこないます。

本実験では、メガネ型ウエアラブル端末に「Google GlassTM」を使い、AR(拡張現実)技術による恐竜解説や館内に用意された画像認識イベントを検証します。
また、腕時計型端末「Smart Watch3 SWR50/WH」を使った実証実験では、恐竜解説に加え位置情報と連動した簡易ゲームが体験できます。
株式会社エーアイは、2つのウエアラブル端末を使った実証実験に音声合成エンジンAITalk(R)の技術協力をしています。

<実証実験概要>
●日時:2015 年1 月16 日(金) 、17日(土)
午前10 時30 分~ (受付開始:午前10 時00 分)
●場所:福井県立恐竜博物館(福井県勝山市村岡町寺尾51-11 かつやま恐竜の森内)
●アクセス:http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/guide/access.html
●利用端末・技術および実験内容
Google Glass
・AR 技術や位置情報を活用した恐竜(展示物)の解説
・画像認識技術を使った恐竜探し他
SmartWatch 3 SWR50/WH(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)
・現在位置の表示や展示物の解説
・位置情報と連動したミニゲーム
音声合成技術(エーアイ)
展示物などの解説にはエーアイの音声合成AITalk(R)による音声を活用しています。

<音声合成AITalk(R)とは>
AITalk(R)は、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で、自由に音声合成をすることができる音声合成エンジンです。
●デモンストレーションはこちら
http://www.ai-j.jp/
●3つの特徴
(1)人間の声に近い自然な音声
(2)20分~5時間程度の録音で、誰の声でもオリジナルの音声辞書を作成することが可能
※1:プランにより収録文章数が異なり、また個人によって読上げスピードや読み間違い等があるため、収録時間に差があります。
※2:一般的に収録文章数が多いほど音質は向上します。ご用途によって最適な収録数・音声辞書作成方法をご提案いたします。
(3)豊富な話者のラインナップ

【株式会社エーアイ 会社概要】
ホームページURL:http://www.ai-j.jp
本社:東京都文京区西片1-15-15 KDX春日ビル10階
設立:2003年4月
事業内容:音声合成エンジンおよび関連するソリューションの提供

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社エーアイ 担当:藤本
Email:info@ai-j.jp 電話番号:03-6801-8461

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング