ジンコソーラ “Eagle+”太陽光モジュールは60枚多結晶シリコンモジュールの効率最更新

DreamNews / 2014年12月29日 9時0分

世界トップクラスのPV企業ジンコソーラー(Jinko Solar)社(NYSE:JKS)は2014年12月5日、ドイツのテュフラインランド 上海テストセンターで行ったテスト中、“Eagle+”太陽光モジュールは標準テスト条件の下、60枚多結晶シリコンモジュールサンプルの出力功率が306.9ワットに達成できる、新高値を更新した。目下60枚多結晶シリコンモジュールの業界平均水準は255ワットである。


世界トップクラスのPV企業ジンコソーラー(Jinko Solar)社(NYSE:JKS)は2014年12月5日、ドイツのテュフラインランド 上海テストセンターで行ったテスト中、“Eagle+”太陽光モジュールは標準テスト条件の下、60枚多結晶シリコンモジュールサンプルの出力功率が306.9ワットに達成できる、新高値を更新した。目下60枚多結晶シリコンモジュールの業界平均水準は255ワットである。
ジンコソーラの“Eagle+”シリーズモジュールは数個な高効率および革新技術を綜合し、その中で シリコン結晶欠陥を減らす新技術はデュポンのTMSolamet(R)太陽光セル金属化の先端結構電池技術を採用し、先進なモジュール一体化包装技術はデュポンのTM Tedlar(R)薄膜のバックシートを使い、信頼性を高めると共に大幅なモジュール功率向上を実現させた。高出力以外、“Eagle+”シリーズモジュールはデュアル85(温度85、相対湿度85%)の条件下で1000時間のPIDフリー性能を実現し、セルと包装材料の抗酸化デザインで、スネイルトレイル(snail trail)の可能性を約0%まで抑えられる。
ジンコソーラー社の最高経営責任者(CEO)である陳氏は「太陽光発電産業のグローバルリーダーとして、われわれは常に高効率で高信頼性のソーラーセルとモジュールの技術開発を焦点としています。当社の研究開発チームは、技術に対して弛まず追い求め、素晴らしい成果を交付し続けていきます。この度多項な高技術の革新運用により、モジュールの出力と信頼性を大幅に高め、安定した発電を25年間保証する。我々の目的は近く量産開始を目指しています。高度に費用対効果のある太陽光利用製品は、最大限に太陽光発電のコストを減らせ、全世界の太陽光発電業界の発電を加速させれます。」と述べた。

【セーフハーバーステートメント】
このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、2012年4月18日(2012年4月19日改正)に証券取引委員会(SEC)に提出した2011年12月31日までの年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、2013年1月18日現在のものです。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新したり、公に改訂する義務を負わないものとします。

住所:105-0004東京都 港区 新橋4-21-3 新橋東急ビル
担当者:Sophie Zhai

電子メールアドレス: sophie.zhai@jinkosolar.com
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

投資、リリースに関するお問い合わせ:
In China:
Sebastian Liu
JinkoSolar Holding Co., Ltd.
Tel: +86 21 6061 1792
Email: pr@jinkosolar.com

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング