公務員試験専門・喜治塾が2015年都庁最短合格のための「150時間都庁クラス」を1月14日(水)に開講!1月8日(木)17時より無料ガイダンスを実施します。

DreamNews / 2014年12月29日 13時0分

公務員試験専門・喜治塾が、2015年6月の都庁採用試験を受験する方のために、「150時間都庁クラス」を1月14日(水)に開講します。地方自治体で1番人気が高い都庁は、特別区や県庁・政令市に比べ、専門科目の出題が少なく、効率的な対策を進めれば数ヶ月で合格可能な試験です。1月8日(木)17時より、喜治塾のノウハウを公開する無料ガイダンスを実施します。

<講座の概要>
「何が何でも都庁に受かりたい」という人のための、都庁対策だけに特化した講座です。
都庁に最終合格するには4つの関門があります。
(1)教養択一試験、(2)課題式論文、(3)専門記述、(4)面接です。
このうち、(3)専門記述は科目選択と勉強方法を間違えずに効率よく学習すれば比較的容易に合格レベルに到達できます。
(1)教養択一は合格ラインが6割と高く、しかも判断推理・数的推理の配点が高いため、数学が苦手な方は要注意です。
(2)課題式論文は、複数の資料を分析しつつ、90分で原稿用紙3~4枚を仕上げるハードな試験です。独特の出題形式に対応するため、本番に見合った形式で練習を積み、何度も添削を受ける必要があります。
(4)面接は、倍率は2倍以下でそれほどではありませんが、かなり深いところまで突っ込まれるので入念な準備と模擬練習が必要です。
当講座では上記に対応するため、専門記述では毎年的中率100%のオリジナル予想答案を配布し、教養択一では文系の人でも分かりやすい解き方を解説し徹底訓練します。さらに、課題式論文と面接では、少人数制の強みを生かして、徹底した個別指導を回数無制限で実施。ひとり一人のレベルや個性にあった指導により、飛躍的な実力アップが望めます。

<カリキュラム>
教養択一・知能 20回
時事対策 5回
専門記述対策 14回
行政論文対策 講義3回、演習2回
専門論文答練 3回
面接対策 3回
都庁政策ゼミ 2回  など。

詳細は喜治塾HPをご覧下さい。  http://kijijuku.blog.fc2.com/blog-entry-425.html

<特長>
・都庁合格に必要なことだけをやります。
・すべてライブクラスで実施。
・論文の答案添削、面接シート添削、面接の相談等はすべて回数無制限です。
・論文・面接に役立つ「都庁政策研究ゼミ」を実施。
・模擬試験は5回実施、終了後、講師による個別カウンセリング付き。

<受講料>
行政論文・時事・面接コース 63000円、SPコース198000円など。科目ごとの単科受講も出来ます。

<無料ガイダンス>
1月8日(木)17:00~18:00 「150時間で都庁合格の秘訣」 

<講座開講日>
1月14日(水)18時より

<実施場所>
公務員試験専門・喜治塾  新宿区高田馬場3-3-1ユニオン駅前ビル (高田馬場駅徒歩1分)

<お問い合わせ先> 
喜治塾 03-3367-0191








プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング