【矢野経済研究所マーケットレポート】「2014~2015年版 調剤薬局の実態と展望」を発刊いたしました

DreamNews / 2015年1月8日 12時0分

矢野経済研究所では、下記の要領にて「2014~2015年版 調剤薬局の実態と展望」を発刊いたしました。

本調査レポートでは、調剤薬局市場の実態と各調剤薬局および調剤薬局支援ビジネス企業の戦略を調査、分析することにより調剤市場と主要調剤薬局の実態と将来性を探った。

発刊日: 2014/12/26
体裁: A4 / 452頁
書籍 定価 124,200円 (本体 115,000円 消費税 9,200円)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版) 定価 124,200円 (本体 115,000円 消費税 9,200円)
セット(書籍とPDFレギュラー) 定価 156,600円 (本体 145,000円 消費税 11,600円)
PDFコーポレート(法人内共同利用版) 定価 248,400円 (本体 230,000円 消費税 18,400円)
セット(書籍とPDFコーポレート) 定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円)

■本資料のポイント
●薬局の存在意義向上と生き残りには地域包括ケアシステムへの参画が不可欠。安定的な事業展開へ非保険収入の必要性が高まる
●基本は門前・マンツーマンも、面分業対応型、医療モール、異業態提携など出店形態の多様化により環境変化への対応と出店数の確保図る
●後発医薬品調剤体制加算の要件引き上げには各社とも積極対応。処方箋獲得に加え地域医療への貢献を狙い、各社とも在宅医療への対応を強化
●非調剤薬局事業では高齢者向け住宅への参入が増加。医療モールや調剤薬局なども含めた複合型施設が主流に

⇒詳細内容・お申し込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/C56121800
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング