ビジネス書「日系・外資系一流企業の元人事マンです。じつは入社時点であなたのキャリアパスはほぼ会社によって決められていますが、それでも幸せなビジネスライフの送り方を提案しましょう。」を出版いたします。

DreamNews / 2015年4月7日 11時0分

写真

アジア・ひと・しくみ研究所は、自社のブランド戦略の一環としてビジネス書を出版いたします。発売日は本年4月22日です。本書のタイトルは「日系・外資系一流企業の元人事マンです。じつは入社時点であなたのキャリアパスはほぼ会社によって決められていますが、それでも幸せなビジネスライフの送り方を提案しましょう。」で、読者層は、将来に向けて企業人としてのキャリアに不安を抱えるすべてのビジネスパーソンとなります。

アジア・ひと・しくみ研究所は、自社のブランド戦略の一環としてビジネス書を出版いたします。発売日は本年4月22日を予定しています。

【タイトル】
「日系・外資系一流企業の元人事マンです。じつは入社時点であなたのキャリアパスはほぼ会社によって決められていますが、それでも幸せなビジネスライフの送り方を提案しましょう。-人事部の嘘と誠-」

【想定する読者層】
将来に向けて、企業人としてのキャリアに不安を抱えるすべてのビジネスパーソンです。

【内容】
企業と社員の関係が大きく変わろうしている現在、社員が会社と健全な距離感を保ちながら、自分の人生と深くかかわるキャリアを、どう自分らしく描くかという視点で書いています。
また経営者、人事部の方も、企業の発展と社員の幸せを両立させるキャリア支援をこれからどう行うか、という視点でお読みいただけます。
本書を通じて、今後のキャリアや人生設計に悩む多くのビジネスパーソンが、今まで誰も教えてくれなかった人事システム、人事制度から読み取ることのできる会社人事の本音と建て前、制度が社員に対して発している“真”のメッセージや、会社が個人に求める“真”の人材像を的確にとらえ、新たな“自分戦略”を考える手がかりになれば幸いです。

【目次】
はじめに
プロローグ 残念ですが、入社時点であなたのキャリアパスはほぼ会社によって決められています。
第1章 とどのつまり、人事制度とは何なのか?
第2章 あなたの会社に“栄光への階段”は何段あるのか?
第3章 それでも人事部がつくウソを見抜けないと寂しいことに
第4章 会社が言うところの“能力”とは、技術ではなく感情であり一体感
第5章 なぜ、あなたはあれもこれも評価されねばならないのか?
第6章 成果主義って報酬に差をつけること? そうでもあって、そうでもない
第7章 どこでも成果が出せる人と出せない人、出世するのはどっちだ?
エピローグ 自分戦略を手に入れる

【著者】
新井健一(あらい・けんいち)
経営・人事コンサルタント
株式会社アジア・ひと・しくみ研究所 代表取締役
1972年神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手重機械メーカー、外資系コンサルティング会社、同ビジネススクール責任者、医療・IT系ベンチャー企業役員を経て独立。大企業向けの人事コンサルティングから起業支援まで幅広い経験を活かしたコンサルティング・セミナーを全国で展開。
“日本を広く使おう”というコンセプトのもと東北・仙台に生活拠点を移した後、本格的な執筆活動に入り、本作が第一作目となる。

【アマゾン先行予約画面】
http://www.amazon.co.jp/dp/4799104373

【お問合せ】
株式会社アジア・ひと・しくみ研究所( HP  http://ahsi.jp ) 
TEL 022-399-9299 FAX 022-399-9736 E-mail info@ahsi.jp
Facebookイベントページ  https://www.facebook.com/Asiahsi

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング