【窯業業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は旭硝子、TOTO、日本ガイシ

DreamNews / 2015年5月18日 12時0分

株式会社パテント・リザルトは2015年5月18日、独自に分類した窯業業界の企業を対象に、2014年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「窯業業界 他社牽制力ランキング2014」をまとめました。

株式会社パテント・リザルトは2015年5月18日、独自に分類した窯業業界の企業を対象に、2014年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「窯業業界 他社牽制力ランキング2014」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。

この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、旭硝子の1,069件、次いでTOTOの707件、日本ガイシの659件となりました。

1位旭硝子の最も引用された特許は、昨年に引き続き「透明導電膜付き化学強化ガラス基板、およびその製造方法(特願2002-295730)」で、後発の特許14件の審査過程で拒絶理由として引用されており、企業別には日本電気硝子の7件、Corning(米)の6件、京セラディスプレイの1件となっています。このほかには「有機LED素子」に関する特許(特許第5195755号)などが引用件数の多い特許として挙げられます。

2014年に、旭硝子の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は日本電気硝子、次いでCorning(米)、ダイキン工業、大日本印刷となっています。

2位TOTOの引用された件数の多い特許には、「製膜体(特許第4300567号)」や「浴槽給湯水改質システム(特願平11-357728)」が挙げられ、前者はコニカミノルタの4件をはじめとする計5件に、後者はパナソニックIPマネジメントの8件の審査過程において拒絶理由としてそれぞれ引用されています。

2014年に引用されたTOTOの707件の特許を分野別にみると、「サニタリー」関連が最も多く、このほかには「給湯装置」「燃料電池」「水処理」などの技術がみられます。

3位日本ガイシの最も引用された特許には、「発光ダイオード装置(特許第4969119号)」や「積層型圧電素子」に関する特許(特許第4936306号)、「発光素子(特願2007-2511)」、「ハニカム構造体の製造方法(特願2005-186122)」が挙げられ、いずれも後発の特許4件の審査過程で拒絶理由として引用されています。

2014年に、日本ガイシの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は京セラ、次いでトヨタ自動車、Corning(米)、デンソーとなっています。


詳細については、ランキングデータ「窯業業界 他社牽制力ランキング」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
http://www.patentresult.co.jp/news/2015/05/fcitcer.html


<<特許・技術調査レポートについて>>
http://www.patentresult.co.jp/report/index.html


<<特許分析セミナー情報>>
http://www.patentresult.co.jp/seminar/


<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 営業部
Tel:03-5835-5644、Fax:03-5835-5699
ホームページURL: http://www.patentresult.co.jp/


<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-3-2 秋葉原スクエアビル4 階
事業内容:特許分析ソフトウェア、技術力評価指標の開発・販売、情報提供など

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング