松谷化学工業、平成27年度日本栄養・食糧学会技術賞を受賞

DreamNews / 2015年5月12日 14時0分

松谷化学工業株式会社は、この度「希少糖の機能解明と実用化」に関し、平成27年度日本栄養・食糧学会技術賞を受賞しました。また、第69回日本栄養・食糧学会大会(第12回アジア栄養学会議との合同開催)で、希少糖および希少糖含有シロップの研究の最新情報に関するランチョンセミナーとポスター発表を行います。

松谷化学工業株式会社
ニュースリリース
2015年5月12日
================================================
松谷化学工業、平成27年度日本栄養・食糧学会技術賞を受賞
「希少糖の機能解明と実用化」
第69回日本栄養・食糧学会大会/第12回アジア栄養学会議
- 希少糖の最新研究に関するランチョンセミナーとポスター発表を実施 -
================================================
でん粉加工と機能性食品素材の総合メーカー 松谷化学工業株式会社(本社:兵庫県伊丹市 代表取締役社長:松谷晴世 以下、松谷)は、この度「希少糖の機能解明と実用化」に関し、平成27年度日本栄養・食糧学会技術賞を受賞しました。同賞は、栄養学、食糧学の発展に寄与する産業上の技術開発等を行った個人もしくはグループに対し公益社団法人 日本栄養・食糧学会から授与されるものです。授賞式および受賞講演は、第69回日本栄養・食糧学会大会(第12回アジア栄養学会議との合同開催)初日の5月14日に行われます。

なお、松谷では5月16日「新甘味料プシコースによる肥満や糖尿病など生活習慣病予防効果」(英題 "Allulose" a new sweetener, beneficial for the prevention of life-style related diseases such as obesity and diabetes mellitus ”  *プシコースの英語名はAllulose(アルロース)) と題したランチョンセミナーを第69回日本栄養・食糧学会大会と共催します。本ランチョンセミナーの会場はパシフィコ横浜418会議室、開催時間は、12時30分から13時30分までを予定しています。座長は、長崎大学産学官連携戦略本部教授、長崎県立大学シーボルト校客員教授である永田保夫教授、講演は、香川大学医学部教授、希少糖研究センター長の徳田雅明教授が行います。

また、下記の松谷と香川大学による希少糖に関する共同研究のポスター発表が行われます。
-------------------------------------------------------------------------------------------
日時:5月15日(金) 9時-11時50分
場所:パシフィコ横浜 展示ホールA
発表演題番号:PS-01-a-037
演題: 「Low GI sweetener rare sugar syrup and its reducing effect on the glycemic index of sugar」
(邦題:低GI甘味料「希少糖含有シロップ」と砂糖の併用によるGI値の低減効果)
*GI: Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標。

日時:5月16日(土) 14時10分-15時30分
場所:パシフィコ横浜 展示ホールA
発表演題番号:PS-02-p-131
演題:「Effects of newly developed sweeteners containing D-allulose and other rare sugars
on body fat accumulation in rats」
(邦題:希少糖含有シロップおよび高プシコースシロップのラット体脂肪蓄積に対する影響)

*セミナーおよびポスター発表は英語で行われます。
-------------------------------------------------------------------------------------------
第69回日本栄養・食糧学会大会およびについての詳細は、
ホームページ: http://nodaiweb.university.jp/69th-eishoku/index.htmlを参照ください。
また、合同開催の第12回アジア栄養学会議については、
ホームページ: http://www.acn2015.org/ を参照ください。

下記は、5月14日に行われる松谷化学工業による「平成27年度日本栄養・食糧学会技術賞」の受賞講演の要旨です。

-------------------------------------------------------------------------
平成27年度日本栄養・食糧学会技術賞 松谷化学工業 受賞講演要旨
-------------------------------------------------------------------------

「希少糖の機能解明と実用化」

「自然界にその存在量が少ない単糖およびその誘導体」と国際希少糖学会に定義されている希少糖は、その存在量に反して種類は非常に多く、50種類以上あるとされている。安定的な生産技術の確立により希少糖研究は大きく進展し、これまでに様々な生理活性が報告されてきている。中でもD-フラクトースの異性体の1つであるD-プシコースは、正常ラットおよび糖尿病ラットを用いた動物実験や、健常者および糖尿病患者に対する臨床試験等により食後血糖値上昇抑制作用を有することが確認された。現在、この効果を利用してD-プシコースを特定保健用食品に申請している。また、炭水化物源として食事に5%程度D-プシコースを添加すると内臓脂肪蓄積を抑制するなどの抗肥満作用が明らかにされており、すでに臨床試験のフェーズに移っている。これらには、D-プシコースのエネルギー価がゼロであることや、α-グルコシダーゼ阻害作用、脂肪酸合成酵素阻害作用、エネルギー代謝促進作用などのメカニズムが関与していることが示唆されている。自然な味質で砂糖の7割程度の甘味度を持つD-プシコースは、メタボリックシンドロームを予防する機能性甘味料としての上市が待たれるところである。

一方、異性化糖や砂糖等は飲料など様々な食品に利用されており、我々の食生活に深く浸透している甘味料である。しかし、昨今ではこれらのカロリー性甘味料の過剰摂取によってもたらされる肥満や糖尿病などの増加が危惧されている。そこで我々は、異性化糖をさらに異性化することにより、D-プシコースを5%程度含有する新しい甘味料「希少糖含有シロップ」を開発した。異性化糖にD-プシコースを約5%添加すると内臓脂肪蓄積抑制作用が認められることが既に明らかとなっており、この希少糖含有シロップにおいても同様の効果が期待された。そこで、ラットの長期投与試験を実施したところ内臓脂肪の蓄積抑制が確認された。さらに、12週間長期摂取試験(プラセボ対照の二重盲検並行群間比較試験)において、軽度の肥満(BMI25以上、30未満)を含む健常成人34名を対象にした検証を行った。試験食として希少糖含有シロップ30g(固形分)を含むゼリー飲料を、また対照食として同カロリーとなるように調整した異性化糖28g(固形分)を含むゼリー飲料を、それぞれ1日1回、朝食前に摂取させた。その結果、希少糖含有シロップ摂取群では、体重、BMI、体脂肪率およびウエスト周囲径が有意に減少し、ヒトにおける体脂肪低減効果が明らかとなった。非臨床・臨床試験における安全性も評価された希少糖含有シロップの開発により、機能性を持った新しい異性化糖として希少糖の実用化が実現した。2013年には本格的な全国販売が始まり、既に600品を超える様々な食品に利用されている。

健康な人々の食生活に浸透しつつある希少糖含有シロップに加えて、D-プシコースが特定保健用食品に許可されれば糖尿病境界型の方も摂取対象となり得る。そして、さらに医療分野にも貢献できる可能性を秘めた次なる希少糖の開発も順次進めており、様々な人々の健康増進に寄与する糖質として、希少糖はさらなる実用化を視野に入れた研究開発が進められている。

以上
------------------------------------------------------------------------------------------------
希少糖含有シロップ「レアシュガースウィート」について:

希少糖含有シロップ「レアシュガースウィート」は、トウモロコシなどのでんぷんから作られた異性化糖をさらに異性化した、「プシコース」などの希少糖類13~15パーセント含むシロップ(液糖)です。既存の糖質(甘味料)を見直し、「ぶどう糖」・「果糖」・「希少糖」のそれぞれの長所を生かすようにバランス良く作られています。

甘味は砂糖の90%程度で、コクのあるスッキリした甘味があります。性状は液状で、砂糖と同様の甘味料用途として、お料理、飲み物、お菓子やパンなどに幅広く利用できる天然由来の安全な機能性バランス甘味料です。なお「レアシュガースウィート」には、卵臭の軽減(茹で卵、プリンなど)、フレーバーリリースの向上(フルーツジャム、果汁飲料など)、コク味付与・風味向上(カスタードクリーム、コーヒー飲料など)、減塩効果(ドレッシング、スープなど)、マスキング(高甘味度甘味料、コラーゲンなど)、水分活性の調整(餡、フラワーペーストなど)など甘味調味料としての特長があります。この「レアシュガースウィート」は、「2014年日経優秀製品・サービス賞」の「最優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞しました。

「希少糖」(レアシュガー Rare Sugar)について:

「希少糖」とは、自然界に微量にしか無い、希少な単糖およびその誘導体の総称として、国際希少糖学会(会長:香川大学 何森 健(イズモリ ケン)特任教授)によって定義され、また各種希少糖を大量生産する道すじが何森教授によって示されました。量は非常に少ないのですが、種類は多く、自然界に50種以上存在しています。キシリトールも希少糖の一種です。

近年、香川大学ほか研究機関による希少糖の大量生産技術の確立により研究が進み、様々な生理活性が発見されました。特に、希少糖の一種である、ノンカロリーで甘味度は砂糖の7割程度の「プシコース」には、食後血糖上昇抑制作用、内臓脂肪蓄積抑制作用やアンチエイジング効果が認められています。また、「アロース」には血圧上昇抑制作用、抗酸化作用などの生理活性のほかアンチエイジング効果も認められており、医薬品や機能性食品、化粧品などへの応用開発が進められています。

2010年、松谷化学工業と株式会社希少糖生産技術研究所(本社:香川県木田郡三木町 代表取締役社長:何森 健 HP: http://www.izumoring.com/) は、プシコースなどの希少糖類を含む希少糖含有シロップ「レアシュガースウィート」の開発に世界で初めて成功しました。これまでの香川大学との研究調査により、「レアシュガースウィート」が脂肪蓄積抑制効果や糖代謝改善作用などへの効果を持つことが報告されており、肥満予防などメタボリックシンドロームに対する効果が期待されています。なお、2011年11月には国際希少糖学会第5回国際シンポジウムにおいて「レアシュガースウィート」のヒトでの12週間連続摂取による体脂肪低減効果とその安全性が報告されています。 


松谷化学工業株式会社( http://www.matsutani.co.jp)について:
松谷化学工業株式会社(本社:兵庫県伊丹市北伊丹5丁目3番地 代表取締役社長:松谷晴世)は、でん粉加工と機能性食品素材の総合メーカーとして、加工でん粉や難消化性デキストリンをはじめとする食物繊維等の製造・販売、希少糖および関連製品の研究開発・製造、販売を行っています。当社は、でん粉加工のパイオニアとして、新しい機能を有するでん粉やその分解物など食品製造に不可欠な機能性の高い素材を多岐にわたり研究開発を行っており、お客様のニーズにお応えする「手軽で」「美味しい」「体に良い」加工食品を創造するための機能と、「安全」「安心」「安定」した品質を持つ食品素材「食用でん粉」「加工でん粉」「澱粉分解物」を提供いたします。


本ニュースリリースに関するお問い合わせは:
松谷化学工業株式会社 広報東京事務局 
TEL:03-6804-1012  Eメール:pr@raresweet.co.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング