マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、世界の感染症薬について調査結果を発表

DreamNews / 2015年6月24日 18時0分

写真

日・米・欧三極における感染症薬の市場規模は、2014年度で前年度比48.4%増のおよそ5兆3,160億円となった。抗HCV薬および抗HIV薬の新薬が相次いで上市されており、同市場は急速に拡大している。当資料では、感染症薬の市場および開発動向を日・米・欧3極を中心に調査・分析。さらに参入各社の製品展開、開発状況などをレポートしている。

概要
◆感染症薬の日・米・欧三極における市場規模は、2014年度でおよそ5兆3,160億円と推定され、前年度比48.4%増となっている。抗HCV薬および抗HIV薬の新薬が相次いで上市しており、市場は急速に拡大している。

◆抗HCV薬市場では、2011年以降に登場したNS3/4プロテアーゼ阻害薬により市場が活性化。その後、2013年末にはインターフェロンフリー療法を可能とする「Sovaldi」が登場し市場は急激に拡大。市場規模は抗HIV薬に迫っている。

◆抗HIV薬市場では、ヌクレオチド系逆転写酵素阻害薬「Truvada」が大型製品へと成長。また、インテグラーゼ阻害薬「Tivicay」や配合剤「Triumeq」が好調な立ち上がりを見せており、市場はさらに活性化している。

◆抗真菌剤市場では、キャンディン系薬剤「Cancidas」が高いシェアを維持している。また、2014年に発売されたトリアゾール系薬剤の外用爪白癬治療薬「Jublia/クレナフィン」が市場へ急浸透。同系薬剤では「Noxafil」がシェアを伸ばしているほか、2015年には「Cresemba」が上市している。

◆当資料では、感染症薬の市場および開発動向を日・米・欧3極を中心に調査・分析し、さらに参入各社の製品展開、開発状況などをレポートしている。
TPC市場調査レポート
「2015年 世界の感染症薬市場」
―IFNフリー抗HCV薬が市場を席巻―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr310150237
資料体裁:A4判135頁
発 刊 日:2015年6月24日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 (01)号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版


【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング