「農業用ロボット:精密農業向け無人トラクター、無人機、資材管理、農作物・森林管理、土壌管理、酪農経営、動物管理」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年7月22日 12時0分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「農業用ロボット:精密農業向け無人トラクター、無人機、資材管理、農作物・森林管理、土壌管理、酪農経営、動物管理」 (Tractica発行) の販売を7月22日より開始いたしました。

2015年07月22日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「農業用ロボット:精密農業向け無人トラクター、無人機、資材管理、農作物・森林管理、土壌管理、酪農経営、動物管理」の販売をいたしております。

近年世界中において、無人トラクター、農地の空中測量、データ収集、フィールド管理、牛の乳搾りシステムなどの開発および導入に関心を抱いている、大手・中規模および新興企業の数が増えてきています。それ以上に多様な農業プロセスにおいて使われるロボットの需要が大幅に増加しています。農業用ロボットの市場は今後5年間で急激に拡大することが見込まれ、2015年末には30億米ドルの規模に達すると見られており、その後健全な成長により、2020年における市場規模は168億米ドルに達することが予想されています。

当レポートでは、世界の農業用ロボット市場を取り上げ、市場の概要、市場発展促進要因、市場および技術における課題を概括し、市場の予測を提供するとともに、主要企業のプロファイルをまとめています。

第1章 エグゼクティブサマリー
●イントロダクション
●市場動態
●戦略的提言
●世界市場の予測

第2章 市場の課題
●市場発展促進要因
●市場の課題
●エコシステム企業

第3章 技術の課題
●運用環境の異種性
●目標および障害物の正確な確認と分類
●屋外ポジショニング・ナビゲーション技術
●複雑な農業プロセス
●安全性と標準
●エネルギー効率
●旧態化した圃場配置と新たなロボット

第4章 主要企業
●主要企業
●新興企業
●その他の業界参入企業
●研究開発プログラム

第5章 市場予測
●定義と予測前提条件
●世界の市場
●北米
●欧州
●アジア太平洋
●ラテンアメリカ
●中東・アフリカ
●結論と提言

第6章 企業要覧
第7章 頭字語・略語リスト
第8章 目次
第9章 図表リスト
第10章 調査範囲、情報源・調査手法、注釈

【商品情報】
農業用ロボット:精密農業向け無人トラクター、無人機、資材管理、農作物・森林管理、土壌管理、酪農経営、動物管理
Agricultural Robots: Driverless Tractors, Unmanned Aerial Vehicles, Material Management, Field Crops and Forest Management, Soil Management, Dairy Management and Animal Management for Precision Agriculture
● 発行: Tractica
● 出版日: 2015年07月13日
● ページ情報: 61 Pages; 38 Tables, Charts & Figures

【当レポートの詳細目次】
http://www.gii.co.jp/report/trac335180-agricultural-robots-driverless-tractors-unmanned.html

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL: http://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング