二日間みっちり英語漬け、埼玉県立坂戸高等学校・サマーキャンプ - 留学・語学教育事業のEF、学生たちの主体性を促す学習プログラムを提供

DreamNews / 2015年8月28日 11時0分

留学・語学教育事業を展開するEF Education Firstの日本法人である、イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社は、2015年8月17日、18日の二日間、埼玉県立坂戸高等学校の外国語科に通う高校一年生を対象にしたサマーキャンプ(英語合宿)に学習プログラム・パートナーとして参加し学生たちの主体性を促す学習プログラムを提供した。

留学・語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education Firstの日本法人である、イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社(以下、EF)は、2015年8月17日、18日の二日間、埼玉県立坂戸高等学校(以下、坂戸高校)の外国語科に通う高校一年生を対象にしたサマーキャンプ(英語合宿)に学習プログラム・パートナーとして参加し学生たちの主体性を促す学習プログラムを提供致しました。

本企画には、外国語科に通う41名の学生たちが参加。2日間を通し、グループワークを中心とした様々な課題に取り組みました。中でも「スマートフォンを利用して英語のニュース番組を制作する」最終課題では、チームメイトと協力し、キャスターやカメラマン、編集など、受け持った役割へ積極的に取り組む学生たちの姿が随所で見受けられました。また、学生たちが制作した各ビデオ作品には、大きな笑いと拍手が送られました。

本企画に対し、坂戸高校、外国語科1年担任の黒沢毅教諭(英語)は次のようにコメントしています。「今回のキャンプを通じて、生徒たちには語学力だけでなく、主体性やリーダーシップを身につけて欲しいと考えています。実は、私自身、語学教育のノウハウを学ぶために、昨年EFを通じてボストンへ留学をしたのですが、改めて自ら発信することの重要性に気づかされました。将来、国内外でグローバルに生きていこうと考えている生徒たちにとっては、コミュニケーションを他人任せにせず、主体的に相手を理解しよう、理解してもらおうとする姿勢が必須であると考えます。」

また、EFのアカデミック・ディレクター、Mahdi Shahは次のようにコメントします。「坂戸高校のように“生きた英語とは何か”“コミュニケーションとしての英語とは何か”を学生たちへ提供している学校は非常に少ないと感じています。その中で、今回、坂戸高校のサマーキャンプに学習プログラム・パートナーとして参加できたことを心から感謝しています。今回のキャンプを通じ“世界に飛び出したい、次は海外留学だ!”と意気込む学生たちも出てきました。彼ら・彼女らのモチベーションを持続できるよう今後も様々なプログラムを提供していきたいと考えています。」


イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社について
1965年に、Education First『教育を第一に』をモットーにスウェーデンで設立した、イー・エフ・エデュケーション・ファーストは、世界最大級の私立教育機関です。現在では世界53カ国以上の国々に500を超える事業拠点、及び、直営語学学校を擁し、グローバルに教育事業を展開しています。同社は、言語教育、留学、オンライン英語学習、ビジネススクールなど、さまざまなプログラムを提供しています。 また、2016年リオデジャネイロ・オリンピックおよびパラリンピックの公式語学サプライヤーに認定されています。

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社はイー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人として1973年に設立されました。

【EF公式サイト】 http://www.efjapan.co.jp
【EF EPI 世界最大の英語能力ランキング】 http://www.efjapan.co.jp/epi/


本件のお問い合わせについて
イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーションズ 
担当:平尾
Mail:satoshi.hirao@ef.com TEL:03-5774-6206

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング