Apacer、業界初のCMTL認証を取得した大容量16GB DDR3L 1600 SO-DIMMを発売ー高性能コンピュータシステムに最適化し、システム性能の大幅向上を実現ー

DreamNews / 2015年9月30日 15時0分

世界最先端のメモリブランドApacer Technologyは、業界初のCMTL認証を取得した16GB DDR3L 1600 SO-DIMMを発売しました。1Gb×8のチップをベースにした大容量16GB DDR3Lモジュールはわずか1.35Vの電圧しか必要とせず、Intel Broadwellや、最新のIntel NUCミニPC 5I3RYB/5i3RYK/5i3RYHなどをサポートします。

2015年9月30日 -Apacer Technology Inc., 台湾・新北市- 世界最先端のメモリブランドApacer Technologyは、業界初のCMTL(Computer Memory Test Labs)認証を取得した16GB DDR3L 1600 SO-DIMMを発売しました。1Gb×8 DRAMチップをベースにした大容量16GB DDR3Lメモリモジュールはわずか1.35Vの電圧しか必要とせず、Intel Broadwellや、最新のIntel NUCミニPC 5I3RYB/5i3RYK/5i3RYHなどをサポートします。
「高品質な1Gb×8 DRAMチップを用いてメモリ容量を16GBに拡大したApacerの16GB DDR3L 1600 SO-DIMMは、既存のメモリランクやスロットを最適化し、すばらしい信頼性と安定性を提供しています。Intel NUCミニPCでの互換性テストにおいて、これは並外れた性能を発揮しています」とCMTLのゼネラルマネージャーRaji T. Tannouri氏は語っています。DDR3L SO-DIMMは最高1600MHzの周波数で動作し、すばらしいデータ伝送効率を実現、高性能コンピューターシステムの性能をさらに改善するのに最適です。

動作電圧をDDR3標準の1.5Vから1.35Vへ下げることにより、機能的には完全な互換性を保ちながら、メモリコントローラーの消費電力を下げることを実現しました。これにより、同等の性能と負荷において、標準のDDR3より15%の省電力化を実現、消費者は大きな節約が可能となります。省エネによりモバイルデバイスの電池使用時間を延ばすことができるだけでなく、環境にもやさしくなっています。さらに、システム動作温度は、メモリーモジュールからの発熱の低下により低くなり、結果としてメモリモジュール全体の耐久性向上にも寄与します。本製品はNUC、ハイエンドノートPC、そして産業用PCでご利用になれます。

Apacerは、オートメーション業界におけるメモリモジュールに関する長年の経験と、幅広い専門性を持っています。包括的な統合されたハードウェアとソフトウェアのラインナップ、独自の製品、そして世界中での現地顧客サービスを通じたApacerの先進性により、当社は業界のリーダーシップの地位を守っています。すべてのDDR3LメモリはJEDEC (Joint Electron Device Engineering Council)規格に準拠し、厳しい64bit、シングルコア、そしてマルチコアの試験を通過。システム操作の現場において最適な性能を保証し、お客さまに最高標準の品質と安定性をお届けします。なお、価格や納期に関しましては、弊社日本法人ならびに正規販売代理店にお問い合わせください。


□ お客さまからのお問い合わせ先
アペイサーテクロノジー株式会社
〒105-0014 東京都港区芝1-9-6 マツラビル5F
Phone: 81-3-5419-2668 / FAX: 81-3-5419-0018

□ 報道関係者さまからのお問い合わせ
E-mail : jppr@cybermedia.com.tw

Apacerについて
Apacer Technology Inc.は、産業用SSD、デジタル家電製品、メモリモジュールなど、幅広い製品を提供しております。弊社は、R&D、設計、製造およびマーケティングの力を集約し、業界内におけるリーティングメーカーの役割を担っています。Apacerは、その創業以来、常に「Access the best(最高のアクセス)」のスローガンのもと、信頼性に優れた革新的な製品とサービスを提供しています。Apacerは、世界各地の販売代理店、製品製造機関、小売店などの販売ネットワークを通じて、高性能で信頼性に優れ、付加価値の高いメモリモジュールやフラッシュメモリを提供しています。人々が、日々の仕事や日常生活に不可欠なデジタルデータを、保存・記録・シェアできるよう、Apacerは革新的かつ最先端のデジタルストレージ製品を提供し続けます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング