マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、ヨーグルト・乳酸菌飲料市場について調査結果を発表

DreamNews / 2015年10月21日 12時0分

写真

2014年度のヨーグルトと乳酸菌飲料の総市場規模は、前年比2.8%増の5,130億円。全体では、プロバイオティクスを訴求した商品が好調に推移。さらに、ヨーグルト市場では、ドリンクヨーグルトが大幅に伸長した。当資料では、ヨーグルト・乳酸菌飲料市場を種類別(ヨーグルト:プレーン/ハード/ソフト/ドリンク)や機能別に分類して調査。合わせて、主要メーカー13社の商品展開状況や開発動向等をレポートしている。

概要
◆近年、ヨーグルト・乳酸菌飲料市場は消費者の健康志向に支えられ増加傾向にある。その要因としては、乳酸菌の機能性の研究成果でインフルエンザやノロウイルス感染予防、花粉症抑制などが明らかになり、従来の整腸以外の機能性がますます注目されていることが挙げられる。

◆2014年度のヨーグルトと乳酸菌飲料の総市場規模は、前年比2.8%増の5,130億円となった。市場全体では、プロバイオティクスを訴求した商品が好調に推移した。さらに、ヨーグルト市場においては、手軽に乳酸菌を摂取できる点からドリンクヨーグルトが大幅に伸長した。

◆2015年度は、前年比6.0%増の5,436億5,000万円となる見込み。引き続き、ドリンクヨーグルトおよび乳酸菌飲料の需要が高まると見られる。その要因としては、各メーカーがユーザーの飲用機会を増やすために、容器や容量の改良で利便性を向上させていることが挙げられる。その他、ヨーグルトにおいては、機能性表示食品の商品やギリシャタイプヨーグルトなど新たなカテゴリーの商品を多数展開している。これらが好調に推移して、同市場は今後も成長し続けると思われる。

◆当資料では、今後も拡大が期待されるヨーグルト・乳酸菌飲料市場を種類別(ヨーグルト:プレーン/ハード/ソフト/ドリンク)や機能別などに分類して調査。合わせて、主要メーカー13社の商品展開状況や開発動向、マーケットなどを調査・分析。今後の市場性や需要拡大に向けた商品開発の一助となるデータとして提案する。

【調査品目】
◆発酵乳
 (プレーン、ハード、ソフト、ドリンク別分析)
◆乳酸菌飲料
TPC市場調査レポート
「2015年 ヨーグルト・乳酸菌飲料の市場分析調査」
―高まる乳酸菌の飲用ニーズ、ドリンクタイプが市場を活性化―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr120150259
資料体裁:A4判153頁
発 刊 日:2015年10月19日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版


【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング