「建築物検査用・赤外線サーモグラフィの世界市場:2020年に至る市場予測」調査レポート刊行

DreamNews / 2015年10月21日 9時30分

写真

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「建築物検査用・赤外線サーモグラフィの世界市場:2020年に至る市場予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
建築物検査用・赤外線サーモグラフィは、建物の気密性、断熱性、各種配管漏れ等の診断に幅広く用いられ、建物の予防的メンテナンスを可能とし、保守コスト低減やエネルギーの排出規制への適合に有用といえるでしょう。当レポートでは建築物検査用・赤外線サーモグラフィの世界市場規模は、2015年以後、年平均4.2%成長を続け2020年に5320万ドルに達すると予測しています。世界的なインフラ産業の成長、人口増加、省エネ性能への規制強化などは、市場の促進要因に挙げることができます。
レポートでは、2015年から2020年に至る同サーモグラフィの世界市場予測、用途別市場(エネルギー監査、建物性能、電気空調検査、構造解析、他)、建物タイプ別市場(住宅、産業、商業など)、主要国地域別市場、などの詳細予測データを掲載しています。また競合分析、リーディング企業動向などの調査情報を交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
建築物検査用・赤外線サーモグラフィの世界市場:2020年に至る市場予測
Infrared Thermography Market in Building Inspection - Forecast to 2020
http://researchstation.jp/report/MAM/1/Building_Infrared_Thermography_MAM102.html

【レポート構成概要】
◆建築物検査用・赤外線サーモグラフィの世界市場予測2015-2020年

◆セグメント別市場予測2015-20と分析
<プラットフォーム別市場予測>
・ハードウェア
・ソフトウェア

<用途別市場予測>
・エネルギー監査
・建物性能
・電気空調システム検査
・構造解析
・その他用途

<建物タイプ別・市場予測>
・住宅(residential)
・産業(Industrial)
・商業(Commercial)
・施設(institutional)

<主要国地域別・市場予測>
北米地域
・米国
・カナダ
欧州地域
・英国
・ドイツ
・フランス
・その他欧州諸国
アジア太平洋地域
・日本
・中国
・その他アジア太平洋諸国
その他地域(Rest of the World)
・中東とアフリカ
・中南米
・その他地域

◆競合分析、市場展望
◆リーディング企業動向
FLIR SYSTEMS, INC.
KEYSIGHT TECHNOLOGIES, INC.
JENOPTIK AG
SKF AB
TESTO AG
FLUKE CORPORATION
RAYTEK CORPORATION
INFRATEC GMBH INFRAROTSENSORIK UND MESSTECHNIK
OPTRIS GMBH
R. STAHL CAMERA SYSTEMS
OPGAL OPTRONIC INDUSTRIES LTD.

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/1/Building_Infrared_Thermography_MAM102.html

発行元:MarketsandMarkets(米国)
日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2015年10月20日

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL: http://researchstation.jp/index.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング