~横浜中華街で創業75年の老舗・大珍樓~3万円相当の上海ガニのフルコースが、たったの15,000円!先着20名「秋のグルメの会」開催のご案内

DreamNews / 2015年10月22日 15時0分

写真

横浜中華街の大珍樓は11月5日に『グルメの会~秋~』を開催いたします。知る人ぞ知る恒例のグルメの会。今回のテーマは「上海蟹三昧」で、上海ガニを全メニューに使用(デザートを除く)。グルメの会は大珍樓の「お客様感謝企画」。いつもとはちょっと違う「上海ガニ」をメインにした3万円相当のスペシャルコースを半額の1万5000円でお楽しみいただけます。今回は先着20名様を10月30日まで一般募集いたします。

広東料理・飲茶料理の専門店「大珍樓」(神奈川県横浜市中区山下町202:代表取締役会長 陸佐光)は11月5日に『グルメの会~秋~』を開催いたします。知る人ぞ知る恒例のグルメの会、今回は3万円相当の「上海ガニ」をメインにしたスペシャルコースを半額の1万5000円でお楽しみいただけます。今回は先着20名様を10月30日(月)まで一般募集いたします。
高級食材の上海ガニをメインにした絶品コース料理を心行くまでお楽しみいただけます!
【コース内容】
(1)柿の器入り上海ガニのサラダ風 (2)上海ガニ入り特製スープ (3)上海ガニの卵入り天使エビの炒め (4)上海ガニとダイコンもちの炒め (5)鮮魚の上海ガニミソあんかけ (6)上海ガニ(雄・雌)姿蒸し (7)上海ガニ入り揚げショウロンポウ (8)上海ガニ入りきのこチャーハン (9)白玉団子
『大珍樓グルメの会~秋~』とは・・?  中華の秋の味覚といえば…上海蟹!その濃厚な蟹ミソや旨みを堪能しつくすこのメニュー、他ではちょっと食べられません! 今回のテーマは「上海蟹三昧」。こだわりぬいて厳選した「上海蟹」をすべてのメニューに使用(一部デザートを除く)。本会は大珍樓の「お客様感謝企画」です。当店自慢の料理人が厳選を重ね、いつもとはちょっと違った高級食材のスペシャルコースを、通常ではお出しできないご奉仕価格でご提供いたしております。
【大珍樓の歴史】
1947年創業。本場の広東郷土料理を求めてプロの料理人も通う大珍樓とは !?横浜中華街 大珍樓は、中国の広東省に生まれ育った陸 蘇珍が、横浜中華街に創立したお店。大珍樓の「珍」は創業者の名前の一文字を取ったものです。1940年、横浜・中華街に共同経営で開店した「大新」を、1947年に現在の「大珍樓」としてリニューアル。海鮮飲茶を主体とした広東料理をご提供してまいりました。四季に合わせたメニューを季節毎にご提供し、飲茶は中華街の自社キッチンで毎日手作りしています。

【住所】本店 神奈川県横浜市中区 山下町202
【営業時間】 11:00~22:00
【電話】 045-681-3277

【住所】新館 神奈川県横浜市中区 山下町143
【営業時間】 11:00~22:00
【電話】 045-663-5477

【本件に関するご取材のお問合せ先】
大珍樓広報事務局:03-6427-1827 担当:長沢、藤森

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング