「北米の公衆安全部門向け市場におけるモバイルソリューションの進化」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年10月26日 14時30分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「北米の公衆安全部門向け市場におけるモバイルソリューションの進化」 (VDC Research Group, Inc.発行) の販売を10月26日より開始いたしました。

2015年10月26日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「北米の公衆安全部門向け市場におけるモバイルソリューションの進化」の販売をいたしております。

ハードウェアやブロードバンドの機能が進歩により、モバイル技術は着実に進化を続けており、より多くのデータを取り込んで意思決定を迅速化したり、メッセージを中継したりすることが可能になっています。多くの関係者に情報を伝達する技術が重視される公衆安全部門でも、徐々にこうした技術の重要性が認識されるようになっており、最新のモバイル技術を導入する動きも始まっています。新たに開発されたモバイル技術は、アカウンタビリティの強化、緊急対応要員の安全性向上、重要なデータの戦略的利用といった面で有効性を発揮しており、ビデオカメラなどのソリューションを中心に市場の成長は続くと予想されます。今後公衆安全部門は、次世代の緊急通報システムやLTEへの移行、利用可能な状況認識手段の拡大などによって大きく変わると思われますが、官僚主義的な体制、限られた予算、ITリソースの不足など、進化の足かせとなる要因も少なくありません。

当レポートは、公衆安全部門における新たなモバイルシステムの市場を詳細に分析したもので、市場規模やビジネスチャンス、ソリューションの拡充に向けたベンダー各社の取り組み、有望な用途分野、FirstNetなどこの分野の通信ソリューションに影響を及ぼしている重要な動き、新たな技術を導入する際の制約、ビデオソリューションの市場規模などを解明します。

エグゼクティブサマリー
●図表1:2014年と2015年の公衆安全部門におけるモバイルシステム関連予算の変化
●主な調査結果

比較予測
●図表2:予測の主な前提
●近い将来のモバイルデバイス
●各種のトレンド
●市場予測
●市場の実情に即した識見

業務を改善する手段としてのビデオ
●図表7:現在使用しているあるいは導入を計画しているウェアラブルデバイスの有無
●図表8:現在サポートしているあるいはサポートを計画しているウェアラブルデバイスの種類
●図表9:ウェアラブルデバイスの導入を阻害する主な要因や用途
●各種のトレンド
●市場予測
●市場の実情に即した識見

モバイルソフトウェア:古い業界の新たなモデル
●図表12:モバイルソリューションに振り向けられる予算の割合
●各種のトレンド
●市場予測
●市場の実情に即した識見

陸上移動無線システムと基幹業務用音声システムの今後の見通し
●図表14:モバイルソリューションの近代化に関して組織が直面している3つの主要な技術的課題
●各種のトレンド
●市場予測
●市場の実情に即した識見

車載コンピューターとモバイルオフィス
●図表17:公衆安全部門の各種手続きを支援するために必要と思われる主なデバイスの種類
●市場予測
●市場の実情に即した識見

制御室向けの機器:モバイルユーザーの増加に伴う各種要望への対応
●図表19:現在サポートしているあるいはサポートを計画しているモバイルアプリケーション
●トレンド
●市場予測
●市場の実情に即した識見

国際的な課題
●情報の共有:世界規模での取り組み
●欧州

【商品情報】
北米の公衆安全部門向け市場におけるモバイルソリューションの進化
Mobile Evolution in the North American Public Safety Market
● 発行: VDC Research Group, Inc.
● 出版日: 2015年10月20日
● ページ情報: 66 Pages; 22 Exhibits

【当レポートの詳細目次】
http://www.gii.co.jp/report/vd342172-mobile-evolution-north-american-public-safety.html

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL: http://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング