政治山、「『電力小売自由化』に関する意識調査~認知と理解、各世帯の検討状況~」を公開

DreamNews / 2016年3月10日 11時30分

【概要】株式会社パイプドビッツが運営する、政治・選挙情報サイト「政治山(せいじやま)」は、2016年2月26日から3月1日にかけて、全国の20歳以上の男女を対象に、電力の小売自由化に関する意識調査を実施し2,212名から回答を得て、本日3月10日に「政治山」で調査結果のサマリー版を公開しました。


 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、東証1部パイプドHDグループ<証券コード3919>、以下「パイプドビッツ」)が運営する、政治・選挙情報サイト「政治山(せいじやま)」は、2016年2月26日から3月1日にかけて、全国の20歳以上の男女を対象に、電力の小売自由化に関する意識調査を実施し2,212名から回答を得ました。本日3月10日に「政治山」で調査結果のサマリー版を公開しましたので、お知らせいたします。

▼第36回政治山調査「『電力の小売り自由化』に関する意識調査-認知と理解、各世帯の検討状況-」
http://seijiyama.jp/research/investigation/inv_36.html


■1.調査ハイライト:9割以上が認知するも、理解度はバラつく

 2016年4月1日開始の小売全面自由化についての認知・理解を問うと、9割超が認知している(「よく知っている」21.2%、「聞いたことがあり、なんとなく知っている」49.5%、「聞いたことはあるが、よく分からない」21.5%、計92.3%)と答え、7割が、電力自由化を認知及び理解している(よく知っている/なんとなく知っている、計70.7%)ことがわかりました。
 一方、「聞いたことはあるが、よく分からない」21.5%と「聞いたことがなく、分からない」7.7%を合わせると約3割(29.2%)となり、一部で理解が進んでいない現状がうかがえました。


■2.調査ハイライト:すでに10.6%が電力会社の変更を検討中

 電力会社や料金プランの変更を検討しているか問うと、4割近くに、顕在化したニーズ(検討している10.6%、検討したいと考えている27.7%、計38.3%)がみられ、潜在的なニーズ(今のところ検討していない)も45.2%にのぼりました。
 一方、「検討するつもりはない」という消極的な回答は16.5%にとどまりました。


■3.調査ハイライト:料金の安さと分かりやすさがポイント

 電力の購入先や料金プランの変更を検討する際に重視するものを問うと、最多は「料金の安さ」59.0%が突出し、次いで「メニューや契約内容の分かりやすさ」25.5%、「契約期間や切替えの縛りがないこと」23.2%と続きました。
 一方、「太陽光や風力などクリーンエネルギーの利用」10.2%や「企業またはブランドのイメージ」9.0%、「地域に密着している企業であること」7.2%などは少数となり、発電方法や企業イメージをあまり重視していないことがわかりました。


■4.会員限定詳細レポート

 政治山会員限定で、本調査の詳細版を提供しています。レポートは、性別や年代、地域などの属性ごとに、各設問をクロス集計した分析と考察をしています。政治山会員未登録の方は、ぜひこの機会にご登録ください。

▼議員向け会員登録のススメ
http://seijiyama.jp/member/lp201503/

▼会員ページログイン
https://seijiyama.jp/Login/

▼ご参考:直近のレポート
・「消費税」に関する意識調査~増税への理解と軽減税率導入の是非
・「民泊」に関する意識調査~認知度と導入への課題~
・「改正労働者派遣法と働き方」に関する意識調査~認知と関心、ワークライフバランスとは~
・「ふるさと納税」に関する意識調査~利用者の属性と納税意識の変化~


■5.調査概要

[対象者]
全国の20歳以上の男女

[回答者数]
n=2,212

[調査期間]
2016年2月26日~3月1日

[設問内容]
【全体集計結果】
・属性(性別・年代・地域・職業・未既婚・子供の有無)
Q1:あなたはどの政党を支持していますか。現在の支持政党と7月の参院選および次期衆院選の投票先(予定)をお聞かせください。
Q2:2016年4月から電力の小売りが自由化され、消費者は電力会社を自由に選べるようになります。あなたは自由化について、どの程度ご存知ですか。
Q3:あなたは電力小売り自由化を機に、電力会社や料金プランの変更を検討していますか。
Q4:あなたが電力の購入先や料金プランの変更を検討するとしたら、何を重視しますか?(3つまで複数選択可)
料金の安さ/メニューや契約内容の分かりやすさ/契約期間や切り替えの縛りがないこと/顧客対応などのサービス品質/ライフスタイルに合わせたメニューの豊富さ/電力販売に実績のある企業であること/太陽光や風力などクリーンエネルギーの利用/企業またはブランドのイメージ/地域に密着している企業であること
Q5:太陽光や風力、地熱などのクリーンエネルギーは研究・開発段階のものも多く、現在の発電方法と比べてコストがかかることが知られています。あなたがクリーンエネルギーを選ぶとしたら、現在の電気料金に比べていくらまでなら高くなっても構わないと考えますか。
▼以下自由記述
Q6:あなたが考える、電力の小売り自由化のメリットをお聞かせください。
Q7:あなたが考える、電力の小売り自由化のデメリットをお聞かせください。
Q8:原子力発電について、あなたのお考えをお聞かせください。
Q9:クリーンエネルギーについて、あなたのお考えをお聞かせください。
Q10:2012年7月から始まったソーラー発電による売電事業「固定価格買取制度」について、あなたのお考えをお聞かせください。
【クロス分析結果】
・「性別/年代」、「職業」と、Q1~Q5との関連性
・Q3の回答結果とQ4との関連性

[調査手法]
インターネット調査(政治山リサーチ)

[実施機関]
株式会社パイプドビッツ 政治山カンパニー


■6.政治・選挙情報サイト「政治山」とは

 政治山は、国と地方に山積する諸課題の解決に向けた取り組みに焦点を当て、行政の施策や動向から地域社会の活動まで幅広く情報を発信することで、市民と政治の距離を縮め、街づくりや地方自治に主体的に関わるきっかけとなることを目指しています。
http://seijiyama.jp/




■ 「政治山」に関するお問合せ先
株式会社パイプドビッツ 
政治山カンパニー 担当:市ノ澤、緑川
受付時間:平日10:00~18:00(12/28~1/3を除く)
TEL:03-5549-1740
E-mail :seijiyama@pi-pe.co.jp


■ 報道関係者様お問合せ先
パイプドHD株式会社  https://www.pipedohd.com/
広報部:久保、立花
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620
E-mail :pr@pipedohd.com
※記載された社名や製品名は各社の登録商標または標章です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング