“日本産・安心安全・環境に優しい”『食の3重丸セレクション』に、新規・審査対象製品の追加が決定!「日本ワイン」「乾椎茸」「こんにゃく」3製品の新規募集が開始。

DreamNews / 2016年4月6日 14時0分

写真

一般財団法人雑賀技術研究所(所在地:和歌山県和歌山市/理事長:小山典宏)は、各ご家庭においてどんな料理でも“日本産・安心安全・環境に優しい”受賞製品で作れる事を最終目的に『食の3重丸セレクション』の対象製品カテゴリー拡充を進めて参りましたが、今年度は、新規・審査対象製品として「日本ワイン」「乾椎茸」「こんにゃく」の3つの製品の追加が決定し、2016年4月1日(金)より募集を開始いたしました。

 一般財団法人雑賀技術研究所(所在地:和歌山県和歌山市/理事長:小山典宏)は、利益追求を目的としない公益事業として、食品の安心安全・食料自給率の向上・環境負荷低減を目指す、食品の顕彰制度「食の3重丸セレクション」を2010年よりスタートさせました。 そして当セレクションでは、各ご家庭においてどんな料理でも“日本産・安心安全・環境に優しい”受賞製品で作れる事を最終目的に対象製品カテゴリーの拡充を進めて参りましたが、7年目となる今年度は、新規・審査対象製品として「日本ワイン」「乾椎茸」「こんにゃく」の3つの製品の追加が決定し、2016年4月1日(金)より募集を開始いたしました。

 当セレクションは企業様・製造業者様からの費用は一切頂かずに、応募いただいた製品に対しては、独自の厳しい審査基準を元に検査を行い、“日本産原料を使用している事”や、“製造段階において環境負荷が少ない事”、“製造時に必要不可欠なもの以外を添加していない事”などの条件を満たした製品(*3ページ目参照)にのみ賞を授与します。今回の新規対象3製品においても、「日本ワイン」は日本国内産のブドウを原料に国内で製造されたワインであること、「乾椎茸」は日本産の榾木(ほだぎ)および種菌を使用した原木栽培による乾椎茸であること、 「こんにゃく」は日本産のこんにゃく生芋または精粉を使用してつくられた製品であること、と基本の厳しい3つの審査基準に加え、それぞれの製品に沿った条件も設けています。

■新規・審査対象製品の設置の経緯・背景
 【日本ワイン】に関しては、国産ブドウのみを原料とし国内で製造された果実酒だけを「日本ワイン」とする表示ルールを国税庁が策定した事を受け、日本のワイン産業の発展、ブドウ農業の活性化、国内での品質の高いワイン生産を促進させる事を目的に当セレクションにおいても新規・審査対象製品の設置を決定いたしました。 
 【乾椎茸】に関しては、平成21年にきのこ類の輸入額の96%を中国が占め、その多くは乾椎茸となり*そして中国産はそのほとんどが添加物等を用いた「菌床栽培」である為人口度が高いとされ、消費量・価格は下落傾向で推移しています。当セレクションでは、農薬や添加物を使わない国産の「原木栽培」で生産された製品づくりを応援する事で乾椎茸の国内自給率向上を目指します。
(*出典:林野庁「特用林産基礎資料」)
 【こんにゃく】に関しては、和食ブームの広がりとともに低カロリーの健康食品として海外でも需要が高まり販路拡大も図られてきており、食料自給率も依然高く維持しているが、TPPに参加する事で、安い外国産との競争も激しくなることが予想されるため、今回の新規・審査対象製品の設置に至りました。

■製品分類も、応募システムも、ダブルで新しくなった「食の3重丸セレクション」!
 今回の3製品以外にも引き続き継続して実施している審査対象製品は、新規・審査対象製品の設置に伴い、消費者の皆様に受賞製品をより早く分かり易くご紹介する事が出来るよう、新しい製品分類:25カテゴリー94品目へと分類分けし直しました。また、応募システムについては、昨年度より通年での応募受付を開始し、2016年3月31日(木)より、従来の申請用紙の送付による応募方法から、公式WEBサイト上のエントリーフォームよりインターネットで応募するシステムへと変更となりました。 より分かり易く、簡潔になった製品分類や応募方法を是非ご活用頂き、より多くの企業様からの応募を促進する事が目的となります。



【2016年『食の3重丸セレクション』新規・審査対象製品/製品分類 概要】


■新カテゴリー募集期間・・・
2016年4月1日(金)~5月31日(火)
※新規・審査対象製品の初回募集は期間限定募集とし、通年募集は次年度より開始致します。

■応募・申請方法・・・
公式WEBサイトからエントリー可能。以下URLより手順がご覧いただけます。
(公式WEBサイト「申請の手順」URL: https://www.nippon-shoku.com/manufauturer/entry_input.html

■新規3製品対象条件・・・
【日本ワイン】日本国内産のブドウを原料に国内で製造されたワイン。
【乾椎茸】日本産の榾木(ほだぎ)および種菌を使用した原木栽培による乾椎茸。
【こんにゃく】日本産のこんにゃく生芋または精粉を使用してつくられた製品。

■製品分類について・・・
更に分かり易く25カテゴリー94品目へと新しく分類し直しました。

■新エントリーフォームについて・・・
以前まで、紙資料を郵送やFAXによりご応募頂いておりましたが、新受賞申請フォームの導入によるデータベースの維持・管理の円滑化を目的に、公式WEBサイト上の受賞申請フォームからインターネットでご応募可能となりました。


【『食の3重丸セレクション』とは】

独自に定めた厳しい審査基準をクリアした製品を、「食の3重丸セレクション」として推奨し、社会に広めていく活動です。
この活動は、国産農産物の自給率向上を主な目標に、「一般財団法人 雑賀技術研究所」が実施する利益追求を目的としない社会的活動(公益事業)です。
従って、3重丸セレクション受賞活動への参加に企業の費用負担は一切ありません。

※その他審査基準や、検査過程などの詳細は、オフィシャルホームページをご覧ください。
⇒  http://www.nippon-shoku.com/index.html

<当セレクションに関する、一般及び企業、関係者様からのお問い合わせ先>
【食の3重丸セレクション】 事務局 TEL:03-3815-0576 (平日10:00~17:00/土日祝日を除く) 
FAX:03-3815-0583 / mail:info@nippon-shoku.com
<本リリースに関する報道関係者様からのお問合せ先>  
【食の3重丸セレクション】広報事務局(フロンティアインターナショナル内) 

TEL:03-5778-4844 / FAX: 03-3406-5599 / mail:frontier-pr@frontier-i.co.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング