【矢野経済研究所マーケットレポート】「2016年版 嚥下食、咀嚼困難者食に関する市場実態と将来展望」を発刊いたしました

DreamNews / 2016年4月11日 10時30分

【矢野経済研究所マーケットレポート】「2016年版 嚥下食、咀嚼困難者食に関する市場実態と将来展望」を発刊いたしました

通常の食事が困難な患者や高齢者にとって、健常者が食べる固形の食事は命に関わるトラブルに直結し、誤嚥性肺炎により死亡する高齢者は多いといわれている。嚥下食、咀嚼困難者食の市場は急速に拡大しており、とろみ調整食品やブレンダー食など、新規参入が活発な製品が市場を牽引し、さまざまな機能付加や味の改良を謳って品揃えを強化する企業が増加している。参入企業の顔ぶれは、乳製品、調味料、冷凍食品、水産加工品、惣菜、パンなどの食品系メーカー、医薬品、介護用品、衛生材料などの医薬・医療品系メーカーなど様々である。
本調査レポートでは、周辺環境の大きな変化と新たな製品の市場投入で成長期にある嚥下食、咀嚼困難者食の市場について、その市場動向と参入企業動向、市場の将来見通しなどを総合的、多面的に調査分析を行った。

発刊日:2016年3月25日
体裁:A4/294頁
書籍:定価356,400円(本体330,000円 消費税26,400円)

■資料のポイント
・嚥下食、咀嚼困難者食の市場規模の推移と予測を推計(2011~2019年度)
・嚥下食、咀嚼困難者食について、製品別、温度帯別、チャネル別、対象患者別(用途別)に市場構成比率を算出(2014年度)
・嚥下食、咀嚼困難者食について、製品別、温度帯別、チャネル別にメーカーシェアを推計(2014年度)
・嚥下食、咀嚼困難者食の有力参入企業の研究開発動向、生産動向、流通動向、販売動向を詳細に分析
・嚥下食、咀嚼困難者食について、製品動向、価格動向(製品別実勢価格)、新規参入動向、企業提携動向(専門卸売企業との提携)、対象患者&ユーザー動向を詳細に分析
・嚥下食、咀嚼困難者食の有力参入企業25社の市場戦略について、詳細に分析

⇒詳細内容・お申込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/C57127200

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

株式会社矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング