首都圏 私立中・国立中・公立中高一貫校の修学旅行先調査 3校に1校(約32%)が修学旅行で海外へ! オーストラリア、ニュージーランド、カナダがトップ3

DreamNews / 2016年4月18日 16時0分

写真

教育出版の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 生駒大壱)の中高受験案内編集部は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木)の私立中学校、国立大学附属中学校、公立中高一貫教育校を対象に、アンケートを行いました。(2015年11月~12月実施)

教育出版の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 生駒大壱)の中高受験案内編集部は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木)の私立中学校、国立大学附属中学校、公立中高一貫教育校を対象に、アンケートを行いました(2015年11月~12月実施)。アンケート調査の結果より、海外への修学旅行※実施校数と旅行先をご報告いたします。
本アンケートは、旺文社が毎年3月に刊行する『中学受験案内』を編集するにあたり調査したもので、308校より回答を得ました。
※原則、全員参加の研修旅行を含む。

■修学旅行実施状況
アンケートで、中学校の修学旅行先について回答を得た258校のうち、海外を挙げたのは82校。3校に1校(約32%)の中学校が海外への修学旅行を実施していることがわかりました。
多くの学校で希望者を対象に海外語学研修や短期留学を実施していますが、修学旅行でも海外を選ぶ学校が増えているようです。なお国立大学付属中学校では、海外への修学旅行を実施している学校はありませんでした。



■“英語圏”が人気=海外修学旅行先の傾向
行き先として最も多かったのが、オーストラリアで29校でした。以下、ニュージーランド15校、カナダ14 校、アメリカ(グアム含む)8校、イギリス6校と続き、トップ5カ国すべてが英語圏という結果になりました。アジアの中でも、シンガポールやマレーシアといった英語が通じる国が人気で、修学旅行を語学学習の実践機会にしていることがうかがえます。また地域別にみると、約半数がオセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)で実施していることから、治安の良さや時差などを考慮していることが考えられます。
■『中学受験案内』
中学受験を目指す小学生・保護者を対象とした受験ガイドです。首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木)の私立中学校、国立大学附属中学校、公立中高一貫教育校合計347校の情報を掲載。入試情報以外にも学校生活がわかる情報を多数記載し、受験校選択に役立てていただけます。

~ 内容紹介~
●公立中高一貫校、私立・国立中学校の受験ガイド[東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木]
◎中学入試「でる順」漢字&ことわざ400問にチャレンジ!
◎中学受験カレンダー(公開模試の日程付き)
◎合格可能性偏差値(四谷大塚、首都圏中学模試センター)80%・50%
◎学校ガイド
◎最新制服ガイド
◎特待生入試実施校
◎学校独自の奨学金
◎各校の安全対策・防災への取り組み
◎海外への修学旅行実施校
◎3年間の大学合格実績
◎中学校案内地図

【会社概要】
社 名 : 株式会社 旺文社
代表者 : 代表取締役社長 生駒大壱
設 立 : 1931年10月1日
本 社 : 〒162-8680 東京都新宿区横寺町55 / TEL : 03-3266-6400
事業内容 : 教育・情報をメインとした総合出版と事業
U R L : http://www.obunsha.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社旺文社 広報担当
TEL:03-3266-6400 FAX:03-3266-6849 E-mail:pr@obunsha.co.jp


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング