業界初 体操マットクリーニングなど学校向け新サービスをスタート!小・中学校向け「教材総合カタログ」 4月1日発刊

DreamNews / 2017年3月28日 11時0分

写真

プラス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 今泉公二)は、小・中学校向け「教材総合カタログ」(年1回発刊)第51版を2017年4月1日に発刊します。本カタログでは、新たに学校教員・事務職員の方々のお困りごとを解決するサービスが登場。小・中学校向けサービスとしては業界初の「体操マットクリーニング」「DVDダビング」など、現場のご要望にお応えする多彩なサービスをご提案します。







プラス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 今泉公二)は、小・中学校向け「教材総合カタログ」(年1回発刊)第51版を2017年4月1日に発刊します。

本カタログでは、新たに学校教員・事務職員の方々のお困りごとを解決するサービスが登場。小・中学校向けサービスとしては業界初※の「体操マットクリーニング」「DVDダビング」など、現場のご要望にお応えする多彩なサービスをご提案します。

プラスは全国に広がる拠点に文教市場専任のスタッフを配属。長年にわたり、学校、オフィス、介護福祉施設向けにワンストップサービスをご提供してきたプラスグループのノウハウを生かし、学校向け教材・サービスの認知度アップと販売強化を図っています。今後はサービスメニューをさらに拡大して、“世界一忙しい”と言われる日本の先生方の負担を軽減、児童や生徒と向き合う時間を増やしていただくことで、豊かな教育環境づくりをサポートいたします。サービスメニューの年間売上目標は、サービス提供開始後3年で2.5億円を目指します。




<「教材総合カタログ」の特長>
◆体操マットクリーニングなど7種のサービスメニューが登場!
・クリーニングサービス <業界初※>
長年使用してきた体操マットや職員室の椅子など、汚れが気になってもどうしてよいか分からなかった数々の備品のクリーニングサービスを導入。すっきりキレイになれば購入費の節約にもなり、児童・生徒には “ものを大切に長く使う心”が育まれます。「この備品はクリーニングできますか?」というご相談もお受けします。


・DVDダビングサービス <業界初※>
学校の行事など、大切な映像を収めたビデオテープはDVDにダビングすることで、経年による劣化やカビ、破損に対応し、長期的にコンパクトに学校の歴史を保管することができます。

※当社調べ

・レンタルサービス
ICT教材のトライアル使用や式典用調度品など、必要なものを必要なときに必要な期間だけレンタルできます。

・機密文書リサイクルサービス
学期末、年度末にまとまった量の文書をシュレッダーにかけるのは大変。機密文書を段ボール箱  1箱から回収します。分別は不要、ファイル、バインダー、クリップ類が付いたまま回収し、溶解処理後、紙製品等に100%リサイクルされます。

・テープ起こしサービス
音声データを文字に書き起こします。教科部会やPTA総会の記録作成にも便利です。

・イベントサポートサービス
学校行事や地域イベントの企画・運営・片づけまでお手伝いいたします。

・ネットワーク環境構築サービス
ICT教育の実践に向け校内の無線LAN環境を整備します。



◆商品をより分かりやすく伝える動画をサイトで公開
~ユーザー向けサイト「PLUSの教材」  http://pluskyouzai.jp/ をオープン~
商品の特長や使い方を動画で紹介するコーナーを設けたユーザー向けサイトを新設します。例えばカタログだけでは特長が伝えきれないホイッスルの音色も動画で “聴き比べ”可能。理科では “体の仕組み”を学ぶ内臓模型の使い方も分かりやすく解説いたします。
他、納入事例や推奨品のご紹介など、ユーザー様のお役に立てるようなコンテンツを揃えています。

◆学校教育に必要なアイテムを網羅! 充実のラインアップ
2020年の学習指導要領改訂に向けた段階的な教材整備、ICT教育推進に対応した教材、多様な学び方をご提案する特別支援教材・備品など、教育現場に必要な教材・備品を網羅した充実のラインアップ。ワンストップでの購買を実現します。多目的スペースを活用した家具や設備品も豊富に揃えています。



<「教材総合カタログ」概要>

名称:
教材総合カタログ 第51版  2017年4月1日発刊(年1回)

ページ数:
小学校向け 1,330ページ  中学校向け 1,250ページ

アイテム数:
小学校向け 12,501アイテム  中学校向け12,110アイテム

発行部数:
38,000部

内容:
◇小・中学校の授業18教科を網羅する教材、ICT機器、家具、備品等の製品を掲載

◇教職員向けサービスメニューを新提案
(1)クリーニングサービス
(2)DVDダビングサービス
(3)レンタルサービス
(4)機密文書リサイクルサービス
(5)テープ起こしサービス
(6)イベントサポートサービス
(7)ネットワーク環境構築サービス

◇カタログと連携したユーザー向けサイトをオープン。商品動画を公開
「PLUSの教材」  http://pluskyouzai.jp/




○プラスの「教材事業」について
プラスのジョインテックスカンパニーが運営する「教材事業」は、事業発足の1973年より、文部科学省(当時の文部省)の学校での教材整備に関するガイドラインに基づいた教材カタログを発刊。現在は学校で必要な全教科教材、全教室用備品販売の他、オールPLUSのリソースを活用した、学校増改築・家具案件の対応も行っています。また、教育事業全体(教材事業、スマートスクール事業)で、『一本松プロジェクト』を立ち上げ、東日本大震災被災地を継続支援しています。


*本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。




<お問合わせ先>
(報道関係)
プラス株式会社 コーポレート本部 総務部 広報室 藤原
〒105-0001 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
TEL:03-5860-7012 FAX:03-5860-7070
広報事務局 TEL:03-5251-4779  FAX:03-3504-8651

(お客様)
プラス株式会社 ジョインテックスカンパニー TEL:0120-850-393

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング