SBSグループ、Gマーク認定事業所数が129事業所に増加! -今後も認定取得を推進し、安全・安心の維持に努めます-

DreamNews / 2018年1月9日 17時30分

写真

SBSグループは、(社)全日本トラック協会が昨年12月に実施した貨物自動車運送事業安全性評価事業(以下、Gマーク制度)2017年度安全性優良事業所※の評価にて、新たに9事業所が認定を受けました。これによりGマーク認定事業所数は129、取得率は、81.6%になりましたことをお知らせします。

SBSグループは、(社)全日本トラック協会が昨年12月に実施した貨物自動車運送事業安全性評価事業(以下、Gマーク制度)2017年度安全性優良事業所※の評価にて、新たに9事業所が認定を受けました。これによりGマーク認定事業所数は129、取得率は、81.6%になりましたことをお知らせします。

 当グループは、約3千台の車両を保有する物流企業グループとして、「安全最優先の原則」のもと、事故防止対策の強化や多様な安全教育、啓発活動などに加え、外部機関による客観的な評価も取り入れ、輸送の安全確保の推進に一層の充実を図っております。

 なかでもGマークは、各事業所の安全管理体制の適正化とレベルアップを目的に、グループを挙げて取得を推進し、一昨年までに120事業所が認定されています。今回9事業所が加わり、認定事業所数は129に増加しました。

 なお、取得率は新規拠点の開設などにより対象事業所数が大幅に増加したことから81.6%と前年を下回りましたが、依然として全国のトラック運送事業所の平均取得率28.9%との比較において非常に高い数値となっております。

SBSグループでは、法令遵守・安全衛生管理の徹底は基より、エコ安全ドライブ・日常点検など、安全に対する基本の実践とその見直しを行うことで、安全管理の強化に努めております。Gマークはそれらの安全への取り組みが評価された証であることから、今後も認定取得をさらに進め、安全・安心の維持に努めてまいります。

【ご参考】
安全性優良事業所(Gマーク認定事業所)は、国土交通省から貨物自動車適正化事業実施機関に指定されている(社)全日本トラック協会がトラック運送会社の安全性を事業所単位で評価し、広く公表する制度です。有効期間は2年間等。利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者の安全性向上に寄与することを目的に2003年度より実施されています。
以 上

■ご参考
<SBSグループ概要>
持株会社:SBSホールディングス株式会社(SBSグループ持株会社)
設立:1987年12月
代表者:代表取締役社長 鎌田 正彦
上場:東京証券取引所市場第一部(証券コード:2384)
本社住所:東京都墨田区太平4丁目1番3号 オリナスタワー
資本金:39億円 (2016年12月末現在)
売上高:1,490億円(2016年12月末現在、連結)
従業員数:13,841名 (うち正社員5,189名、2016年12月末現在、連結)
事業内容:SBSグループは、1987年の創業以来、物流ならびに物流に付帯するサービスを充実させ、ワンストップの物流サービスをご提供することで、お客様の利益創造に貢献してまいりました。グループ内には、食品から超重量物までさまざまな商品を扱う企業群、路線、区域、即日配送まで多様な配送形態にお応えできる企業群、そして、物流施設開発、環境物流などの専門的な企業群を有しています。
グループ:連結子会社16社(2018年1月1日現在)
主要企業と主な事業
SBSロジコム(株)
総合物流、3PL
SBSフレイトサービス(株)
一般物流、路線事業
日本レコードセンター(株)
一般物流、3PL
SBSグローバルネットワーク(株)
国際物流
SBSフレック(株)
食品物流、3PL
SBSフレックネット(株) ※2015年1月1日設立
食品物流
SBSゼンツウ(株)
食品物流、個人宅配
SBS即配サポート(株) ※2015年7月1日設立
即日配送、廃棄物処理
SBS Logistics Singapore Pte. Ltd.
アジア地域統括、国際物流
SBSアセットマネジメント(株)
物流施設の開発、賃貸
SBSスタッフ(株)
人材派遣、職業紹介
SBSファイナンス(株)
リース、保険、共同購買
マーケティングパートナー(株)
マーケティング、通販事業
URL:日本語 http://www.sbs-group.co.jp 英語 http://www.sbs-group-ir.com
■本件に関するお問い合わせ先
SBSホールディングス株式会社
IR・広報部 TEL:03-3829-2240/e-mail:contact11@sbs-group.co.jp
※当資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング