『日本スポーツビジネス大賞』を発足! 第1回グランプリに「横浜DeNAベイスターズ」 ライジングスター賞に「千葉ジェッツふなばし」を選出!

DreamNews / 2018年3月22日 15時30分

写真

 2018年3月、新たに『日本スポーツビジネス大賞』を制定いたします。  スポーツビジネスにおける素晴らしい取り組みを行い、年間を通して著しい成果を上げたクラブや企業等を表彰することで、日本のスポーツ界の更なる発展に貢献することが目的です。  第1回となる2017年度は、『グランプリ』に「株式会社横浜DeNAベイスターズ」を、『ライジングスター賞』に「千葉ジェッツふなばし」を選出いたしました。

このたび、一般社団法人日本トップリーグ連携機構会長である川淵三郎を発起人代表として、「日本スポーツビジネス大賞実行委員会」(以下、本委員会。実行委員長:本間浩輔)を発足し、『日本スポーツビジネス大賞』を制定することにしました。
 スポーツビジネスにおける素晴らしい取り組みを行い、年間を通して著しい成果を上げたクラブや企業等を表彰するもの。こうした先進事例にスポットライトを当てることで、分野横断的に学び合い、日本のスポーツ界の更なる発展に貢献することを目的とします。
 本委員会では、スポーツビジネス業界を各方面でリードしてきた実績を持つビジネスパーソンによって構成される審査委員会(審査委員長:島田亨)を選任。第1回となる2017年度表彰は、2018年3月、審査委員会による協議の結果、『グランプリ』に「株式会社横浜DeNAベイスターズ」を、『ライジングスター賞』に「千葉ジェッツふなばし」を選出いたしました。


【日本スポーツビジネス大賞 発起人メッセージ】

競技や文化としてのスポーツと、スポーツビジネスは両輪である。
日本のスポーツの発展は、
日本のスポーツビジネスの発展にかかっているといっても過言ではない。
2020年東京オリンピック・パラリンピックを目前に控えた今こそ、
これまで表彰されることの少なかったオフザピッチでの取り組みに光を当て、
日本のスポーツそしてスポーツビジネスの発展に貢献したいという思いで、
この表彰制度を設けることとする。

日本スポーツビジネス大賞 発起人代表
川淵三郎
(一般社団法人日本トップリーグ連携機構 代表理事会長)


【日本スポーツビジネス大賞 概要】

 スポーツビジネスにおける素晴らしい取り組みを行い、年間を通して著しい成果を上げたクラブや企業等を表彰する企画。こうした事例にスポットライトを当てることで、分野横断的に学び合い、日本のスポーツ界の更なる発展に貢献することを目的とする。一般社団法人日本トップリーグ連携機構会長である川淵三郎氏を発起人代表として発足。受賞者は、スポーツビジネス業界を各方面でリードしてきたビジネスパーソンによって構成される審査委員会が決定する。


【表彰および選考方法】

◯グランプリ
スポーツビジネス業界において近年目覚ましい成果を上げ、事業継続性も評価できる取り組みを行った者を表彰する

◯ライジングスター賞
取り組みにおける独自の創意工夫や新規性が認められ、今後の益々の成長が期待される者を表彰する

※なお、選考は、以下に掲げる要素等を総合的に勘案して行う。
◆新規性:海外事例等の単なる輸入ではなく、独自の発想があるか
◆影響力:スポーツ業界全体に広まる可能性を秘めているか
◆継続性:取り組みが継続するビジネスモデルになっているか


【第1回選考結果および選考理由】

◯グランプリ:株式会社横浜DeNAベイスターズ
DeNAが親会社となった2011年以降、横浜の地域性に着目し街づくりを意識してリ・ブランディングに成功。試合はもちろん、試合以外も楽しめるようなさまざまな施策を通じて、ファンクラブの会員数は13.6倍、観客動員数は179.5%に成長。2017年シーズンの入場者数は過去最多の197万9446人を達成したことなどを高く評価した。

◯ライジングスター賞:株式会社千葉ジェッツふなばし
2017年天皇杯で、実業団系以外では40年ぶりとなる優勝を果たし、2018年連覇達成。2016年度、売上高9億円超、年間観客動員数135,097人(平均観客動員4,503人)を達成。Twitterフォロワー12.7万人超(2018年2月末現在)なども含め、ビジネス面でBリーグをけん引(今季は売上高12億円超、年間観客動員数15万人を想定)。


【WEBサイト】
https://sports.yahoo.co.jp/contents/630


【発起人代表】
川淵三郎(日本トップリーグ連携機構 代表理事会長)


【審査委員会】
審査委員長
島田 亨(USEN-NEXT HOLDINGS 取締役副社長COO)

審査委員
荒木重雄(スポーツマーケティングラボラトリー 代表取締役社長/スポーツビジネスアカデミー 代表理事)
本間浩輔(ヤフー 上級執行役員/スポーツヒューマンキャピタル 代表理事)
岡部恭英(TEAM Marketing AG アジア・パシフィック&中東・北アフリカ地区営業統括責任者)


【実行委員会】
実行委員長
本間浩輔(ヤフー 上級執行役員/スポーツヒューマンキャピタル 代表理事)

実行委員
荒木重雄(スポーツマーケティングラボラトリー 代表取締役社長/スポーツビジネスアカデミー 代表理事)
石渡進介(弁護士/みんなのウエディング 代表取締役)
岡部恭英(TEAM Marketing AG アジア・パシフィック&中東・北アフリカ地区営業統括責任者)
小林貴樹(ワイズ・スポーツ 代表取締役)
武井 繁(HRソリューションズ 代表取締役)
中村聡宏(千葉商科大学サービス創造学部 専任講師)


【お問い合わせ・連絡先】
日本スポーツビジネス大賞 実行委員会事務局
info@japansportsbusinessawards.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング