建設業界でも珍しい「ステンレス製型枠」 4月から建築分野へ本格参入 はやい・きれい・エコ 首都圏の工事をより便利に

DreamNews / 2018年3月29日 16時0分

写真

足場をはじめとする仮設機材の販売・レンタルを行うエスアールジータカミヤ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役会長兼社長:高宮一雅)の100%出資子会社で建設用コンクリート型枠レンタルを行う株式会社ネクステック(本社:大阪市北区、代表取締役:山梨周)は、2018年4月1日に関東営業所を新設し、首都圏近郊の建築分野へ本格参入します。

建設用コンクリート型枠レンタルを行う株式会社ネクステック(本社:大阪市北区、代表取締役:山梨周)は、2018年4月1日に関東営業所を新設し、首都圏近郊の建築分野へ本格参入します。

早くてきれい、大型物流倉庫に最適
株式会社ネクステックは、独自のステンレス製型枠『ステンメタル72(R)』を、1986年よりレンタルしています。柱型枠は木製が主流で、ステンレス製の『ステンメタル72(R)』は、ネクステック社のオリジナルで業界でも珍しい製品です。『ステンメタル72(R)』は、木製と比べ、コスト削減・仕上がりの精度向上・工期の大幅短縮・エコ・安全・スキル不要という多数のメリットがあり、北陸新幹線の下部工や、東日本大震災復興のための防潮堤施工などにも使われています。

『ステンメタル72(R)』は、30年以上、土木の分野でのみ利用されていましたが、2017年4月に関西地区の大型物流倉庫建設で初めて柱型枠として利用され、施工主からも「きれいで早い」と好評でした。
株式会社ネクステックは、同施工を通じ、工期が短くて済むうえに仕上がりの見た目も美しい『ステンメタル72(R)』を、現在急ピッチで進んでいる都内や首都圏の工事に役立てたいと考えました。
4月1日から、同社関東初進出となる関東営業所を新設し、建築分野へ本格参入します。


ステンメタル72(R)とは
『ステンメタル72(R)』は、株式会社ネクステックの会長で、前身となるアサヒ工業株式会社の創業者である杉本孝夫が独自に開発した製品です。以前は鋼製型枠を主事業にしていましたが、現場の声を拾い、鋼製型枠ではサビが問題となっていることに着目しました。「サビに強く、よりきれいに、より使いやすく」を目標に試行錯誤を重ね、『ステンメタル72(R)』の完成へと至りました。多数のメリットのうち、特に仕上がりの美しさは比類なく、さまざまな現場で利用されています。


ステンメタル72(R)のメリット
メリット        ステンメタル72(R)        木製型枠

コスト削減      木製型枠より3~4割高いが、    4~5回の転用で劣化するため、
           劣化が少ないため永久転用可能   そのたびに張替費用が別途必要

           木製型枠と併用可能なため、    転用回数が少ないため投入資材が多くなり、
           異形型枠の別注などが不要<※1>  またセパなどの消耗材も多く必要

精度向上       打設面のざらつき等がなく美しい  釘打ち跡などの左官補修が必要

           コーナー型枠が一体成型のため、  面木のずれや外れのリスクがあり、
           面木不要で、ずれるリスクがない  補修作業が必要

工期の大幅短縮    大組可能(30m2)で早い      大組不可(15m2)で、建込・脱型に
           脱型直後に次工区のセットができる  2~3倍の時間が必要

エコ         何度でも使えて、脱型後の清掃にも  4~5回の転用ごとに張替が必要で
           大量の水を使わない<※2>      大量の木が産業廃棄物になる

安全         解体不要で専用吊冶具で安全移動   高所での作業が多い
           ノンセパ工法でコンクリートの
           流動性がよく、ひび割れしにくい
           <※3>

スキル不要      金具を留めるだけ、少人数の作業可  職人(枠型大工)が必要


<※1:木製枠型との併用>
木製型枠と併用することを想定して開発しているため、ステンレス製柱型枠では唯一『ステンメタル72(R)』のみが、木製型枠と同じ厚みとサイズを持っています。
(リブ厚72mm、最大サイズ900×1800mm)
そのため、転用回数が少ないなど木製型枠の利点を生かせる箇所には、木製型枠を併用することでコスト削減を可能にします。
また、リブ厚が同じで段差が生じないため仕上がりもきれいです。

<※2:エコ>
脱型後に清掃し、剥離剤を塗布するだけですぐに次の使用が可能となります。ステンレスなので汚れがつきにくく、清掃はモップで簡単に済み、大量の水を使うこともありません。

<※3:安全>
専用の吊冶具により、脱型後、解体や組立をすることなく簡単・安全に移動することができます。また、基本的にノンセパ仕様のため、Pコンやセパ跡のない躯体を打設できるだけでなく、セパレーターがないことでコンクリートの流動性がよく、コンクリートの品質確保や、ひび割れ防止にも絶大な効果があります。


【株式会社ネクステック会社概要】
社名     株式会社ネクステック
代表     山梨 周
本社所在地  大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB27階
電話番号   06-6375-7200
ホームページ  http://www.nex-tech.jp/
設立     1986年12月8日
資本金    2,500万円
従業員数   25名
事業内容   土木・建築用仮設機材(足場、型枠、支保工材)の販売およびレンタル

【株式会社ネクステック関東営業所概要】
所在地    東京都中央区日本橋3-10-5 オンワードパークビルディング12階
設立     2018年4月1日
製品に関するお問い合わせ先 株式会社ネクステック TEL:06-6375-7200

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング