【ビジネスパーソン必見】 開催各地で大好評を得ている名村 晋治の「誰がどう見てもそうとしか受け取れない文書術」セミナーを名古屋で開催

DreamNews / 2018年4月4日 10時0分

写真

東京都内で不動産業界特化のホームページ制作・システム開発を行なっている株式会社サービシンク(本社:東京都新宿区1-10-3太田紙興新宿ビル6F代表取締役:名村 晋治)は、2018年4月21日にベースキャンプ名古屋(愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 )にて「誰がどう見てもそうとしか受け取れない文書術」セミナーを開催いたします。

96年からWeb制作に関わりWebディレクターの業界第一人者、Web担当者フォーラムで「良いWebディレクターを見つけるにはどうしたらいいの? サービシンクの名村晋治さんに聞いてきた」( https://webtan.impress.co.jp/e/2015/05/15/19645)でマンガ化もされている株式会社サービシンクの代表取締役 名村晋治が、東京でビジネスパーソン向けに、様々な文書を書く上でのコツを教える「誰がどう見てもそうとしか受け取れない文書術」セミナーを名古屋で開催致します。
過去東京、大阪、福岡、神戸、鳥取、宮崎と全国各地で開催されている大好評のセミナーです。

セミナーについては下記をご覧ください。
https://peatix.com/event/334159/



◯働き方改革に繋がる「誰がどうみてもそうとしか受け取れない文書術」とは?

「文書術」ですが、パソコンが発達し、メール、LINE、Facebookなどのメッセンジャー、手書きを含めると「文書を書く」機会は莫大に増えました。
ですが、書いた文書に対して相手が理解しない限りそれは無駄な文章になってしまいます。
日本語は主語や目的語が曖昧でもある程度成立してしまう言語体系であるため、会話では通じていた
話も文書にすると途端に伝わりづらくなりがちです。
「誰がどう見てもそうとしか受け取れない文書術」を身に付ける事で以下の様な事を未然に防ぐ事ができます。

・「ん?これってどういう意味?」と聞き返される
・「これって○○ってことだよね」と確認をされる
・「え?そういうことだったの?」と言われ伝えたい意図と違って伝わっている

こういったケースはビジネスの現場のあらゆる場所で発生しています。
「確認すればいい」だけかもしれませんが、このやり取りは昨今の"働き方改革"が推し進める業務効率化としては何より非効率ではないでしょうか?
文書の書き方が下手であるが故の「やり直し」や「取り戻し」という作業を削減し、本来不要なはずの時間と労力を減らすことが可能です。
当セミナーでは、その方法論を誰でも使いこなせるように解りやすく解説いたします。
正しい文書術を身に付けて、仕事の効率化を目指してください。

【開催概要】
日時:2018年4月21日(土)
場所:ベースキャンプ名古屋(愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階)
受付開始:13:30~
講義:ライトニングトーク:14:00-14:20
本編:14:20~16:30
※なお会場への入場は13時以降でお願い致します。
懇親会:17:30-21:00
参加費:3,000円
定員:30名
セミナー詳細: https://peatix.com/event/334159/

◯「誰がどうみてもそうとしか受け取れない文書術」セミナー開催の経緯

この文書術の必要性を強く感じたのは、2010年から2013年ごろにかけて1500ほどの開発用の指示書を書いた結果でした。
メール、提案書、企画書、ワイヤーフレーム、要件定義書、デザイン指示書、webでのタスク管理システムなどなど、さまざまな機会で「文書」を書くことに対して極めて「無駄」が多かったと痛感しました。
その経験を生かし、この文書術をより多くの人に伝え、身に付けてもらう事で人生の無駄を省き、働き方改革としての業務効率化を目指して頂きたいということからこのセミナーを開催しています。

■名村プロフィール
大学二年生の1996年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の1999年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら、不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。
2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。
2005年から別の制作会社に合流し取締役なども歴任。
同社では不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。
2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
2007年「Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版、2017年共著で「一生モノのキャリアを身に付けよう」をダイヤモンド社より出版。

◯会社概要

会社名:株式会社サービシンク
会社設立:2010年1月
所在地:〒160-0022東京都新宿区新宿1-10-3太田紙興新宿ビル6F
TEL:03-6380-6022
FAX:03-6380-6621
代表取締役:名村 晋治
サイト: https://servithink.co.jp/
事業内容:webインテグレーション事業、
システムインテグレーション事業
ブランド構築事業
ビジネスコンサルティング事業
コンテンツ編集事業




×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング