新潟県燕市に「企業版ふるさと納税」を進呈

DreamNews / 2018年4月20日 18時0分

写真

戸建住宅の建設・分譲(年間約150戸棟)を中心に、幅広く不動産事業を展開している株式会社アイム・ユニバース(所在地:東京都杉並区、最高経営責任者 藍川眞樹)は、公式スポンサーである東京ヤクルトスワローズとの連携事業を推進している新潟県燕市に、「企業版ふるさと納税」として100万円を進呈し、燕市より感謝状を受贈致しました。

東京・千葉・埼玉・神奈川の国道16号線以内をメインエリアとして、戸建住宅の建設・分譲(年間約150棟)を中心に、新築マンションの建設・分譲、注文住宅の建設・販売等幅広く不動産事業を展開している株式会社アイム・ユニバース(所在地:東京都杉並区、最高経営責任者 藍川眞樹)は、公式スポンサーである東京ヤクルトスワローズとの連携事業を推進している新潟県燕市に「企業版ふるさと納税」として100万円を進呈しました。この納税金は東京ヤクルトスワローズの拠点となっている「スポーツランド燕・野球場」のダッグアウトの拡張やバックネットなどの改修に使用される予定です。これを受けてアイム・ユニバースは2018年4月16日に燕市より感謝状を受贈致しました。
詳細は以下の通りです。

■感謝状受贈
1.日時:2018年4月16日(月)午前11時30分より
2.場所:燕市役所 市長室

■スポーツランド燕・野球場 改修事業 概要
<工事内容>
(1)ダッグアウト拡張
(2)バックネット改修
(3)フラッグポール設置
【企業版ふるさと納税とは】
国が認定した地方公共団体による地方創生事業に対し、寄付をした企業が地方創生応援税制による税額控除を
受けられる仕組み。

写真提供 ケンオードットコム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング