株式会社リトルクラウドが運営する『MiLAI』の相談数が累計1,000件を突破ー。

DreamNews / 2018年4月25日 16時0分

株式会社リトルクラウド(本社:東京都新宿区、代表:神原太郎、以下『リトルクラウド』)が、AI事業活用プラットフォーム『MiLAI』のサービスを正式リリースして8カ月、同サービスでの累計相談数がAI・EXPOへの出展後、2018年4月6日、ついに1000件を超えた。

リトルクラウドの運営するAI事業活用プラットフォーム『MiLAI』は、自社事業の課題解決の糸口としてAI技術を活用したい事業者と、自社保有のAI技術の提供先を拡大したい技術会社のマッチングをメインとしたサービス展開が特徴。
また、『MiLAI』のサービスではAI人材採用支援や、社内でのAIに対するリテラシー不足に悩む経営者の声に応え、AIの事業活用に関する幹部陣向けの社内勉強会や社内セミナーへの登壇など、「すべての企業をAI企業に」を掲げ、リリース後、AI・業務自動化展(関東・関西)や、AI・EXPOへの出展など、AIの事業活用に悩む企業のバックアップを積極的に行っている。
※さらに詳しいサービス内容については下記URL参照
https://milai.work/top

実際に、予測・自然言語処理・画像認識・音声認識・知識体系化といったAI技術を用いて、需要予測からの在庫最適化、検品の自動化、新規事業開発、業務自動化において特に多くの相談が寄せられている。

『MiLAI』でのマッチングサービスを利用してマッチングが成立し、開発が始まっているプロジェクトも続々と登場する中、同サービスへの登録AI技術保有会社100社突破も目前にとらえ、AI技術の事業活用において多岐にわたる相談内容に対応するべくサービス拡充を図っている。

日本に現存するAI技術会社を網羅しつつある株式会社リトルクラウドが運営する『MiLAI』に注目が集まっている。

【本件に関するお問い合わせ】
リトルクラウド MilAI運営事務局
広報企画室 玉村(タマムラ)
milai-work@little-cloud.jp
0987-27-3900

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング