「動物向け疼痛管理の世界市場 2023年:医薬品 (NSAID・オピオイド)・装置・関節痛 (変形性関節症・筋骨格障害)・術後疼痛・癌」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2018年4月26日 15時30分

写真

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「動物向け疼痛管理の世界市場 2023年:医薬品 (NSAID・オピオイド)・装置・関節痛 (変形性関節症・筋骨格障害)・術後疼痛・癌」 (MarketsandMarkets発行) の販売を4月26日より開始いたしました。

2018年04月26日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「動物向け疼痛管理の世界市場 2023年:医薬品 (NSAID・オピオイド)・装置・関節痛 (変形性関節症・筋骨格障害)・術後疼痛・癌」の販売をいたしております。

【 商品情報 】
動物向け疼痛管理の世界市場 2023年:医薬品 (NSAID・オピオイド)・装置・関節痛 (変形性関節症・筋骨格障害)・術後疼痛・癌
Veterinary Pain Management Market by Product (Drugs (NSAIDs, Opioids), Device (Laser, Electromagnetic)), Application (Osteoarthritis, Cancer), Animal Type (Dog, Cat, Horse, Cattle), Distribution Channel (Hospital, Pharmacy) - Global Forecast to 2023
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2018年04月20日
● ページ情報: 239 Pages
https://www.gii.co.jp/report/mama630093-veterinary-pain-management-market-by-product-drugs.html

当レポートでは、世界の動物向け疼痛管理市場について調査し、市場の概要、製品・アプリケーション・動物種類・流通チャネル・地域別の動向と予測、および市場に参入する主要企業のプロファイルなどをまとめています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査方法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 動物向け疼痛管理市場:製品別
第7章 動物向け疼痛管理市場:アプリケーション別
第8章 動物向け疼痛管理市場:動物種類別
第9章 動物向け疼痛管理市場:流通チャネル別
第10章 動物向け疼痛管理市場:地域別
第11章 競合環境
第12章 企業プロファイル
第13章 付録

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama630093-veterinary-pain-management-market-by-product-drugs.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング