日本初、暗号通貨「AXE-Coin」とAR技術を用いたアプリ「AXEAR」(エグザー)今秋登場!

DreamNews / 2018年5月2日 9時0分

株式会社ワンワールドは、SEFICO財団が発行する暗号通貨の「AXE-Coin」と連携するアプリ「AXEAR」(エグザー)を今秋リリースすることを発表した。

株式会社ワンワールドは、SEFICO財団が発行する暗号通貨の「AXE-Coin」と連携するアプリ「AXEAR」(エグザー)を今秋リリースすることを発表した。

「AXEAR」(エグザー)は、日本初の暗号通貨とAR(拡張現実)技術を融合させた革新的なアプリ。「AXE-Coin」の流動性を高める新たなエンターテイメントサービスの登場に多くの注目を集めている。

また、「AXEAR」(エグザー)を通して流通した「AXE-Coin」の一部は、SEFICO財団が行う社会貢献活動へ提供されるとのこと。

株式会社ワンワールド 代表取締役の乾氏は、「私たちは、社会貢献活動の一環としてICO支援を行っていますが、暗号通貨は未だに投機目的としての側面が強い。多くの暗号通貨は、実需ある硬貨とはまだ言えない状況にあります。

そこで私たちは、暗号通貨をより身近で便利な通貨として定着させるために、流動性の確保が最優先だと考え『AXEAR』(エグザー)の開発に踏み切りました。

また『AXEAR』(エグザー)は、エンターテイメントサービスとして「AXE-Coin」の流動性を高めることはもちろん、同時に社会貢献を後押しするプラットフォームとして機能します。

未来の暗号通貨のあり方を変える新たな試みといえるでしょう」と語る。

既に開発はスタートしており、今秋リリース予定だ。日本初の暗号通貨とAR技術を用いたサービス「AXEAR」(エグザー)の今後に期待したい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング