バーンズ製VISA、MasterCard、EMVなど対応バーンズ製パーソナライゼーション・テスト最新版P3( v1.9.2)の販売開始

DreamNews / 2019年9月24日 16時0分

写真

VISA、MasterCard、EMVなど対応バーンズ製パーソナライゼーション・テストP3( v1.9.2)がリリースしたことにより、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区、支店:兵庫県神戸市)は、クレジットカードのパーソナライゼーション・バリデーション・ツールへの販売を2019年9月24日から開始することを発表いたします。

新しいリリースの焦点は、最新のWindowsオペレーティングシステムの自動化とサポートによる生産性の向上です。

P3(v1.9.2)の設計は、ユーザーにキーおよび証明書管理タスクを自動化するソリューションを提供します。構成が完了すると、P3ジョブ送信インターフェイスの1つを介してジョブを送信することにより、ユーザーの介入なしにデータ準備を実行できます。

バリューチェーンのどこでこの機能が効率/生産性を向上させるかを示しています。

・ 自動化インターフェースは、以下を支援する10個のワークフローの自動化をサポートします。
1.暗号モジュールのセットアップと構成
2.発行者とBINの管理
・ キー(処理およびトランスポート)
・ 証明書(発行者およびCA証明書)

v1.9.2のその他の拡張機能には、暗号モジュールを追加する際のホスト名のサポートの追加、特定の暗号モジュールのIPアドレスまたはホスト名文字列のいずれかをP3 GUIを介して設定する機能が含まれます。

このバージョンには、Windows 2016 ServerおよびWindows 2019 Serverオペレーティングシステムのサポートが追加されています。また、さまざまな小さな変更要求に対するソリューションも組み込まれています。

ファームウェア:payShield PAC907のサポートを支援した結果、一般的なセキュリティ更新とファームウェアの一部変更要求の修正が行われたため、payShield 9000でP3 v1.9.2をPAC907(P3CM-ESP)ライセンスで操作することができるメリットがあります。

但し、自動化APIサポートは、P3サーバーでのみ使用可能です。コマンドラインは、P3管理者権限を持つユーザーのみが呼び出すことができます。このため、P3トレーニングに参加してP3スキルを更新するようユーザーに連絡することをお勧めします。

【バーンズ・インターナショナル社について】
バーンズ・インターナショナル社は、イギリス ハンブルドン ドロックスフォードに本社に置く金融系カード関連の専門会社です。世界の金融機関やカード発行会社が磁気ストライプからICチップを利用し、そのためのバリデーションから認定のためのテストツールを開発販売し、それらに関連するトレーニングやコンサルティングを行っております。ポジティブワン株式会社は、日本市場における総販売代理店として、販売サポートを10年以上行っております。

【EMVやNFCに関連するサービスのご紹介】
https://www.nfc-payment-service.com/

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL http://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス: poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000175661&id=bodyimage1



配信元企業:ポジティブワン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング