FlashからHTML5への動画プレイヤー移行サービスを8月1日から提供開始

DreamNews / 2018年8月1日 16時0分

写真

株式会社サムライズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷 利太郎、以下、サムライズ)は、『FlashからHTML5への動画プレイヤー移行サービス』を、2018年8月1日(金)に提供開始いたします。

▼FlashからHTML5への動画プレイヤー移行サービス 紹介ページ
https://www.samuraiz.co.jp/flash_migration/?dn0801

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000178658&id=bodyimage1

■サービス 開始の背景
2020年にAdobe Flash Playerのサポートが終了いたします。それに伴い、動画配信事業社は動画コンテンツならびに再生基盤をFlashからからHTML5へ移行する必要があります。
しかしながら、FlashからHTML5への移行は、配信サーバから再生プレイヤーまで、幅広くリニューアルをする必要があり、大きな負担となっております。サムライズでは、Adobe Media Server(以下、AMS)をご利用中のお客様が、最小限のご負担で、FlashからHTML5への乗り換えを実現するためのサービスをご提供することとなりました。

■当サービスをご利用いただくメリット
低コストかつ迅速に 移行を実現することが可能です。
→既存のAdobe Media Server を流用することで、費用、期間を削減できます。
→作業の定型化により、費用、期間を削減できます。

動画プレイヤーに費用が発生しません。
→Video.js をAWSと組み合わせたご提案となります。

HLS配信方式にすることで、モバイル端末への配信が可能になります。


■サービスメニュー
HTML5動画再生プレイヤー導入サービス
・現環境の調査/ヒアリング
・リニューアル内容ご提案
・Adobe Media Serverの設定変更
・HTML5 player(Video.js)の配置
・設定ドキュメント作成


■株式会社サムライズについて
2001年よりAMS(旧 Flash Media Server)の提供を開始、動画ストリーミングサービスの構築におけるリーディングカンパニーとして業界を牽引してきました。
サムライズは、常にお客さまの視点に立ち、お客様価値の最大化に貢献することで、お客様と共に成長することを第一として、国内外の様々な技術、サービスを通じて、お客様の課題解決、付加価値の創造をお手伝い致します。

本社所在地: 東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル10F
代表取締役社長: 谷 利太郎
URL: http://www.samuraiz.co.jp/?dn0801

■プレスリリース掲載場所
https://www.samuraiz.co.jp/news/flashmigration_18_1.html?dn0801



*本文に記載のある製品名、会社名、サービス名は各社の登録商標または商標です。
*プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

以上

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング