【FRONTIER】No.1シェアペイントツール『CLIP STUDIO PAINT』を快適に利用できる推奨ノートPC新発売

DreamNews / 2018年8月3日 11時0分

写真

■製品の概要

このたび発売する新製品は、エントリーユーザーからプロのグラフィッククリエイターまで幅広いユーザーの支持を受け、ペイントツールでNO.1シェアを誇る『CLIP STUDIO PAINT』の推奨認定を取得した15.6型ノートPCです。CPUに、前世代から物理コアが増え大幅に性能が向上した「インテル Core i7-8750H プロセッサー」を搭載しているため、負荷がかかる作業においても抜群の処理能力を発揮します。また、グラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX 1050」を組み合わせることで描画速度が向上し、さらにスムーズで滑らかに制作をお楽しみいただけます。
基本構成でも十分快適にご利用いただけますが、より安定的に、安心してご利用いただけるようにメモリやストレージのカスタマイズもご用意しています。ぜひアップグレードもあわせてご検討ください。
なお、本製品は8月10日(金)~12日(日)に東京ビッグサイトで開催される【コミックマーケット94】の東3ホール「セルシス×ワコムブース」にて展示予定です。
※本製品に『CLIP STUDIO PAINT』は付属していません。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( http://www.frontier-direct.jp/)にて、2018年8月3日(金)より販売を開始します。

▼CLIP STUDIO PAINT推奨パソコンはこちら
http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1808030101

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000178760&id=bodyimage1

■製品の特長

<「CLIP STUDIO PAINT」とは>
CLIP STUDIO PAINTは、300万人以上が利用しているイラスト・マンガ・アニメ制作ソフトです。気持ちの良い描き味と豊富な機能を備え、世界各国のエントリーユーザーからプロのグラフィッククリエイターまで幅広く愛用されています。

<第8世代 インテル プロセッサー搭載>
第8世代 インテル プロセッサー(開発コード Coffee Lake)である「インテル Core i7-8750H プロセッサー」を採用しました。第7世代のコア数4、スレッド数8から第8世代はコア数6、スレッド数12と複数のアプリケーションを同時に処理できるパフォーマンスがアップしました。また、CPU内蔵のグラフィック機能は、従来のインテル HD グラフィックス 630からインテル UHD グラフィックス 630に変更され、さらなる性能アップを実現しています。

<NVIDIA GeForce GTX1050 搭載>
NVIDIA Pascal アーキテクチャを採用した「NVIDIA GeForce GTX 1050」は、Direct X12に対応し、ゲームのフレームレートを下げてバッテリーを長持ちさせる「Battery Boost」機能を搭載しています。 また、必要に応じて“インテル UHD グラフィックス 630” と“NVIDIA GeForce GTX 1050” を自動で切り替えます。

<1920×1080 FullHD液晶採用>
15.6型液晶に高解像度のFullHD(1920×1080)液晶パネルを搭載しています。 HD映像の視聴やゲームのプレイはもちろん、高画素のデジタル画像などの編集・閲覧にも最高のパフォーマンスを発揮します。

<3840×2160の4K出力対応のHDMIとmini Display Port1.2>
左側面に3840×2160/4K出力対応のHDMIを1つとmini Display Port1.2を2つ装備。本体の液晶と合わせて4画面同時出力が可能です。
※HDMIは3840×2160/30Hz、mini Display Portは3840×2160/60Hzで出力できます。
※全ての4Kモニターへの接続及び動作を保証するものではありません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング