マックホーム株式会社 「自分らしさをデザインできる家」分譲住宅最新シリーズ『レヴェールキャトル』誕生 -2018年9月15日(土)~17日(月・祝)モデルハウス見学会の実施・物件販売を開始-

DreamNews / 2018年8月6日 11時0分

写真

マックホーム株式会社(本社:埼玉県朝霞市 代表取締役:氏居照和)は、自社分譲住宅ブランド「REVEUR(レヴェール)」の最新シリーズとして『REVEUR QUATRE(レヴェールキャトル)』を9月15日(土)より販売を開始いたします。

『REVEUR QUATRE(レヴェールキャトル)』は、従来の自社ブランドである『REVEUR(レヴェール)』の「お客様が素敵な夢を見られる住まい」というブランドコンセプトに、4つの暮らし、4つの外観、4つのインテリアをカスタマイズして、自分らしさをデザインできるというコンセプトを加えることで、『REVEUR』(仏語:夢見るような)と、『QUATRE』(仏語:4つの)を組み合わせた『REVEUR QUATRE(レヴェールキャトル)』という名称のシリーズとして誕生いたしました。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000178862&id=bodyimage1

『REVEUR QUATRE(レヴェールキャトル)』の3つの要素

◆自分らしさがデザインできる家
分譲住宅では設計済みの規格型や建売住宅が多く、どの家を見ても平均的なデザインや間取りに見えてしまいます。とはいえ、自由設計の注文住宅だと金額が高く、手を出し辛いという方も多いと思います。レヴェールキャトルでは、明確な価格設定の中で、暮らしに合った4つの暮らし、4つの外観、4つのインテリアのそれぞれをカスタマイズして、自分たちの個性を詰め込んだ新しい分譲住宅のカタチを提供いたします。



【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000178862&id=bodyimage2

◆住みやすさを損なわない効率的な基本設計の家
自分たちのこだわりを盛り込んでおしゃれな空間を実現しても、「収納が足りない」、「動線が悪い」というような、家本来の実用性が失われてしまうことが多くあります。
レヴェールキャトルでは、「実用的で機能性のある収納」、「家事動線の効率が良い間取り」が考え抜かれた基本設計をしているため、こだわりの暮らしのスタイルを実現しながらも、日々の生活における高い利便性をも両立しています。



【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000178862&id=bodyimage3

◆建てた後も安心・安全の家
マックホームでは家を建て売るだけでなく、その家に住む人の安心や快適を提供いたします。専属のアフターメンテナンス体制や安心の建物・地盤20年保証、最高の耐震等級3の取得など、家を通じて将来にわたる住まいの「安心・快適」を生み出していきます。



【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000178862&id=bodyimage4

『レヴェールキャトル モデルハウス』物件概要
所在地:埼玉県朝霞市膝折町4丁目
販売予定時期:2018年9月15日(土)予定
モデルハウス見学会:2018年9月15日(土)~17日(月・祝)予定
敷地面積:115.73m2
延床面積:101.83m2
構造:木造在来工法 / 2階建 / 屋根:コロニアル葺き / 外壁:防火サイディング
モデルプラン:暮らしのデザイン:アウトドアを楽しみたい / 外観デザイン:和風モダン /インテリアデザイン:ラスティック
物件HP: https://reveur.jp/reveur-quatre/

【お客様 お問い合わせ・資料請求先】
朝霞店TEL:0120-15-0002
志木店TEL:0120-19-0002
営業時間:月・木・金 10:00~19:00 / 土・日 9:00~19:00 / 火・水 定休
物件HP: https://reveur.jp/reveur-quatre/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング