専門知識と指導スキルで発達障がい児にスポーツの機会を提供 発達障がい児専門のフットサルコートが9月1日プレオープン ~子どもスポーツデイサービス『ココスポーツ』~

DreamNews / 2018年8月23日 16時0分

写真

株式会社ココステージ(本社:大阪府箕面市、代表理事:浅井猛雅)と一般社団法人たけのこ(同)は、2018年9月1日(土)兵庫県伊丹市に、発達がい児専門のフットサルコート1面をプレオープンします。なお、11月下旬には、フットサルコートがもう1面オープンし、併設の放課後等デイサービスの施設が完成。子どもスポーツデイサービス『ココスポーツ』としてグランドオープンし、オープニングセレモニー等を予定しています。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000179840&id=bodyimage1

※写真の撮影場所は、今回オープンするフットサルコートとは異なります

発達障がい児専門のフットサルコートは、「子ども達がスポーツに取り組む機会が欲しい」「余暇活動を通じて、人生を豊かにする機会を作って欲しい」という発達障がい児の保護者からの要望に応える形オープンの運びとなりました。当法人と連携している公益社団法人子ども発達科学研究所※1からの指導助言を受けて、科学的根拠に基づいた、安心かつ安全で専門性の高い指導を提供致します。
今後『ココスポーツ』では、放課後等デイサービスとしてのスポーツ療育、一般児童向けのフットサルスクールを実施し、仲間が自然と交流できる場所の実現の為にクラブハウスやフットサルコート2面を運営致します。スポーツの鍛錬という同じ目的を持って仲間が集まる場所を目指します。

※1 大阪大学、金沢大学、浜松医科大学、千葉大学、福井大学ら5大学の子どものこころの発達研究センターとの連携のもと、科学的根拠に基づいたプログラムの普及と啓発活動を行う。保護者、教育関係者、行政・医療関係者の連携を促します。( http://kodomolove.org/

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000179840&id=bodyimage2

放課後等デイサービス プログラム(小学生コース)
1レッスン90分のプログラムを実施します。子どもの脳が全開に働く内容を設計し、7つの項目で進めていきます。
(1)コーディネーショントレーニング
サーキットトレーニングで、まずは楽しく体を動かし、様々な動きを通じて、神経系に刺激を与えて「動き作り」を行います。
(2)プランニング
見通しを持ち、目標を設定し、表現します。
(3)アクティビティ-1
動きの質を高め、体を鍛えます。
(4)ブレーク
完成を育てる。視覚、聴覚、触覚、前庭覚などを刺激し、緊張と弛緩の両方を味わいます。
(5)アクティビティ-2
考えながら動く。相手の動きを見て予測し、チームの戦略を考えます。
(6)レビュー
活動を振り返る。自己評価をし、評価を受けます。自己肯定感を高め、次の意欲につなげます。
(7) ワーク
マナーを守って室内活動(ゲーム等)を行い、友達や指導員と楽しい時間を過ごします。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000179840&id=bodyimage3

施設責任者:奥村愛 プロフィール
大学時代に介護福祉士の資格を取得。卒業後は、一貫して社会福祉に携わり2015年より「ココステージ伊丹」にて児童デイサービス事業に従事。高校まではハンドボール選手として活躍し、フットサルは大学から始めたにもかかわらず、選手として女子フットサルチームSWHL(兵庫県芦屋市)にて2012~2014年度はキャプテンを務める。2015年度全日本女子フットサル選手権で優勝を飾り、翌2016年度は同大会準優勝。2015~2016年度はFUTSAL地域女子チャンピオンリーグで準優勝という成績を残して引退。指導者としてROCKAMERIOSに所属。フットサル選手としての経験と、障がい児に対する専門知識および経験を積んだスペシャリスト。介護福祉士の他、JFA公認サッカーC級コーチ、JFA公認キッズリーダーの資格を持っている。


【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000179840&id=bodyimage4

【発達障がいとは】
発達障がいは、自閉スペクトラム症(ASD)、限局性学習症、注意・欠場多動症(ADHD)など、脳の機能障がいです。発達がいのある子ども達は、他人とのコミュニケーションや関係性作りが苦手であったり、多動だったり、集中することが難しかったりします。また、特定の事柄にこだわりを持ち、感覚が過敏であったり逆に鈍感であったりします。
発達障がいの中でも、知的発達の遅れのない(もしくは軽度の)子ども達は、外見では分からないため、「親のしつけが悪い」「親の愛情不足」「本人の努力不足」などと誤解をうけてしまうことがあります。発達障がいのある子ども達は、発達のアンバランスさにより、社生活で困難な状況に陥ることが多い一方、優れた能力を発揮する場合もあります。
発達障がいのある子ども達が、各人の個性を生かし、自立していくためには「早期発見早期支援」が大切です。

【スポーツ療育センター『ココスポーツ』概要】
運営:  一般社団法人たけのこ
連携:   公益社団法人子どもの発達科学研究所
所在地: 兵庫県伊丹市車塚2-82-7(仮事務所) 電話:072-782-8702
施設:  フットサルコート 2面、2階建て建物 *9月1日(土)フットサルコート1面オープン

【会社概要】
社名:   株式会社ココステージ
事業所名:児童デイサービス・ココステージ
代表:   代表取締役 浅井 猛雅(アサイ タケマサ)
資本金:  1千万円
URL:    http://cocostage.jp/

【運営法人概要】
法人名:  一般社団法人たけのこ
代表:   代表理事 浅井 猛雅(アサイ タケマサ)
本社:   大阪府大阪市箕面市牧落4-6-12 電話:072-723-7110
設立:   2013年12月3日
事業内容: 介護保険法に基づく居宅介護支援事業、介護保険法に基づく介護予防支援事業
介護保険法に基づく居宅サービス事業、介護保険法に基づく介護予防サービス事業
介護保険法に基づく地域密着型サービス事業
介護保険法に基づく地域密着型介護予防サービス事業
障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障害福祉サービス事業
障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく地域生活支援事業
児童福祉法に基づく障害児通所支援事業
児童福祉法に基づく児童発達支援及び放課後等デイサービス事業

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング