TPCマーケティングリサーチ株式会社、食品企業の海外戦略について調査結果を発表

DreamNews / 2018年9月10日 17時30分

写真

当資料は、調味料・加工食品・食品原料等の大手食品企業15社を対象に、各社の海外での事業戦略をレポートしたものである。近年の国内市場は、少子高齢化等により縮小傾向にあるが、海外市場は今後さらに拡大が見込まれる状況にある。このため、食品各社は海外事業の拡大に積極的である。特に、最近ではブラジルをはじめとする中南米や、調味料メーカーを中心に欧州、中東、アフリカを戦略地域に掲げる企業が増加している。

概要
◆日本国内の食品市場は、少子高齢化や人口減を背景に縮小傾向にある。一方で、海外市場については、今後さらに拡大が見込まれることから、国内の食品企業の多くは、海外事業の拡大を推進している。

◆地域としては、中国や東南アジアを重点エリアとする企業が多い。その理由は、経済成長による所得水準の上昇や食文化の欧米化等を背景に、食品市場が拡大していることが挙げられる。また、近年はインドでの事業展開に注力する企業も増えている。同国は2022年に中国の人口を上回ると予想され、その後も長期的に人口の増加が見込まれることから、今後さらなる経済発展が見込める国として注目を集めている。

◆また、米州においては、巨大市場を有するアメリカを中心に事業拡大を図る企業が多い中、最近ではブラジルをはじめとする中南米での展開を強化する企業が出てきている。さらに、調味料メーカーを中心に欧州、中東、アフリカを戦略地域に掲げる企業もみられ、国内メーカーは海外展開における事業エリアの拡大に注力している。

◆当資料では、調味料・加工食品・食品原料を展開している食品企業15社を対象に、海外での事業戦略を詳細に分析している。今後の海外市場攻略の一助となれば幸いである。



【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000180139&id=bodyimage1

TPC市場調査レポート
「2018年 食品企業の海外戦略調査」
―インド・中南米など新興国での事業展開が進行―
詳細はこちら>>  http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr110180430
資料体裁:A4判 170頁
発刊日:2018年8月29日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト: http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」: http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング