ウォーターワン株式会社が【社内部活制度】を本格開始。他事業展開する企業の横のつながりを強化します。

DreamNews / 2018年9月18日 16時0分

写真

ウォーターワン株式会社(本社:横浜市西区平沼1-2-24 代表取締役:船木拓志)では2018年10月1日より、今まで有志で活動していた社内部活を再編し会社の公式部活としてプロジェクト化致します。他事業展開するウォーターワンでは他事業部のメンバーと接する機会が少なく、より横のつながりを強化するために今回のプロジェクトの企画立案に至りました。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000181217&id=bodyimage1

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000181217&id=bodyimage2

ウォーターワン株式会社は事業部毎の独立採算制の為、採用・備品購入・不動産の契約などすべて事業部に裁量権があります。今後は会社全体として、効率的な採用スキーム確立や経費・時間の削減ができるよう、共有するところは共有して良いところは取り入れる文化を形成したいと考えております。
また社内の商材や営業先も多岐にわたっており、他事業部の商材を自分の顧客に紹介できるチャンスがある場合も見受けられますが、現在は事業部間の交流が活発でない故に情報もなく、それぞれの事業部は各々の営業に特化しています。

事業部間の交流を深めることで、効率化や販路の拡大の余地が多分にあると考えており、その足掛かりとして社内部活を公式の活動としてプロジェクト化することになりました。

社内の親睦委員会を中心に再編された公認部活は「フットサル」「登山・ゴルフ」「室内球技」「カラオケ」「神社仏閣をこよなく愛する会」の5つ。今後は要望に応じて増やしていく予定です。1回の活動で1人1,000円が会社から支給されるため金銭面の負担も少なく参加ができます。また社員のモチベーションUPにもつなげていきたいと考えています。


■企業/サービス概要
【ウォーターワン株式会社】
ウォーターワン株式会社( http://www.waterone.co.jp/)は、移動体通信事業・情報通信事業・介護福祉事業・テレマーケティング事業など多種多様な事業展開を通じて、今社会に求められているサービスを高品質かつタイムリーに提供することを目指しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング