あらゆるログの管理とActive Directoryの監査要件を満たす ワンストップソリューションの提供開始 【低コストな簡易SIEMソフト「Log360」提供開始】

DreamNews / 2018年9月20日 9時0分

写真

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市 以下ゾーホージャパン)は、簡易SIEMソフト「ManageEngine Log360(マネージエンジン ログ サンロクマル、以下、Log360)」の提供を2018年9月20日より開始いたしました。
Log360は、イベントログ・Syslog・統合ログ管理ソフト「ManageEngine EventLog Analyzer(マネージエンジン イベントログアナライザー、以下、EventLog Analyzer)」とActive Directory監査レポートツール「ManageEngine ADAudit Plus(マネージエンジン エーディーオーディット プラス、以下、ADAudit Plus)」が統合された製品です。従来は「EventLog Analyzer」と「ADAudit Plus」を各コンソール画面にて運用、管理を行わなければなりませんでした。しかしながら、今回リリースいたしました「Log360」では、製品の統合により一つのコンソールから一貫したログ管理および監査を実行できるため、操作性が良く効率的です。また、導入時においてもサーバー1台で利用開始ができるため、2製品分のサーバーを用意する手間がかかりません。
「Log360」は、高価格帯であるSIEMの導入に踏み切れなかった企業でも導入しやすい、低コストの簡易SIEMソフトウェアです。企業規模を問わず、組織のセキュリティ対策に大きく貢献いたします。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000181281&id=bodyimage1

【主な機能】
・ログの収集/保管
イベントログやSyslog、あらゆるテキスト形式のログを一元的に収集・保管します。
・ログの検索
任意の条件を選択し、複数のログタイプを同時検索します。
・条件設定によるアラート設定
定義済みプロファイルを利用することもカスタムで条件を設定することもできます。
・Active Directory監査に有用な200種類以上のレポート
ログオン/ログオン失敗やユーザー管理、GPO管理といった、外部攻撃や内部不正に対するログの可視化に必要な200種類以上の定義済みのレポートを完備しています。
・SSO(シングルサインオン)機能
Active Directoryと連携を行うことで、一度のWindows認証によって「Log360」/「EventLog Analyzer」/「ADAudit Plus」の3製品に自動ログインすることができます。
・自動バックアップ
Log360のWeb画面から「EventLog Analyzer」のデータベース・バックアップ(PostgreSQL)に対するスケジューリングを管理することができます。

【Log360の価格および評価版ダウンロード】
 「Log360」では、30日間無料で全機能を利用でき、技術サポートも受けられる「評価版」を提供しています。評価版は、以下のリンクよりダウンロードできます。なお、「Log360」の有料版ライセンス料金については、以下の価格ページで確認できます。
・「Log360」の価格情報ページ
https://www.manageengine.jp/products/Log360/pricing.html
・「Log360」の評価版ダウンロード
https://www.manageengine.jp/products/Log360/download.html

【ManageEngineについて】
 ManageEngineは、ゾーホージャパン株式会社が提供するネットワークやITサービス、セキュリティ、デスクトップ・ノートPC、ビジネスアプリケーションなどを管理する製品・サービス群です。必要十分な機能に限定、かつ、直感的な操作が可能な画面設計により、短期間での導入が可能であり、その後の運用フェーズにおいても手間がかからず、よりシンプルなIT運用管理を実現します。
 また、中堅・中小企業でも導入しやすいリーズナブルな価格で、これまで大手ITベンダーが提供する複雑で高額なツールを利用していた企業や、ツールを自社開発していた組織にも採用されてきました。現在では、日本国内の一般企業、官公庁や自治体などへ、4,000ライセンスを超える販売実績があり、安心して使える製品・サービスです。最大で29言語に対応する製品・サービスは、北米、欧州をはじめ、南米、中東、アジアなど世界で12万社以上の企業や組織が導入し、企業・組織のIT運用管理のシンプル化、グローバル化に貢献しています。

https://www.manageengine.jp/

【ゾーホージャパン株式会社について】
 ゾーホージャパン株式会社は、ワールドワイドで事業を展開するZoho Corporation Pvt. Ltd.(本社:インド タミル・ナドゥ州チェンナイ CEO:Sridhar Vembu)が開発/製造したネットワーク管理開発ツールや企業向けIT運用管理ソフトウェア、企業向けクラウドサービスを日本市場に提供すると同時に
関連するサポート、コンサルティングなども提供しています。
 企業向けIT運用管理ツール群「ManageEngine」は、世界12万社を超える顧客実績を誇り、国内でも販売本数を伸ばしています。「ManageEngine」は、ネットワーク管理のOEM市場でスタンダードとして認知されてきたネットワーク管理開発ツール「WebNMS」のノウハウや経験を生かして開発されたものです。
 また、業務改善/生産性向上を支援する企業向けクラウドサービス群「Zoho」は、世界で3,000万人を超えるユーザーに利用されています。国内では「Zoho CRM」を中心にユーザー数を増やしており、35種類以上の業務アプリケーションを1セットで利用できる「Zoho One」の提供も始まっています。

http://www.zoho.co.jp/

【お問い合わせ先】
■報道関係からのお問い合わせ先:ゾーホージャパン株式会社 ManageEngine&WebNMS事業部 マーケティングチーム
Mail: jp-memarketing@zohocorp.com TEL: 045-319-4613

■お客様からのお問い合わせ先:ゾーホージャパン株式会社 ManageEngine&WebNMS事業部 営業部
Mail: jp-mesales@zohocorp.com TEL: 045-319-4612

■ゾーホージャパンURL: http://www.zoho.co.jp/
■ManageEngine事業サイトURL: https://www.manageengine.jp/

本資料に掲載されている製品、会社などの固有名詞は各社の商号、商標または登録商標です。(R)マーク、TMマークは省略しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング