株式会社トップゲート、基幹業務システムに「ZAC Enterprise」を採用

DreamNews / 2018年10月24日 12時0分

写真

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000181807&id=bodyimage1

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田篤、以下オロ)は、株式会社トップゲート(東京都文京区 代表取締役 加藤昌樹、以下トップゲート)がオロのクラウドERP「ZAC Enterprise」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。


トップゲートは、Google の技術をコアとしたシステム・アプリ開発やコンサルティングを行っている企業です。高い技術力と実績と信頼をベースに、 システム開発だけでなく、コンサルティングやセミナー、技術者教育など、Googleの技術を活用したい企業をサポートしています。

同社では、これまでスプレッドシートによる案件管理を行っていましたが、会社の成長に伴い、その管理方法に限界を感じていました。しかし、持続的に事業を拡大させるためにはリアルタイムな収支管理を行い、部門別採算管理をはじめとした管理会計の実現が必要と考え、システム化を検討。これらの課題解決と目的達成を実現させるシステムとしてZACが選定されました。

ZACの導入により、部門単位やプロジェクト単位など、さまざまなセグメントでの収支管理を行うことで、部門別採算管理・管理会計を実現します。また、毎日登録される日報データより工数を自動集計することで、タイムリーな工数の予実管理を実現。さらには、これら経営数値を可視化することで、社員の利益意識の向上を目指します。


■「ZAC Enterprise」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1. 様々なセグメント別収支管理による管理会計の実現
2. タイムリーな工数の予実管理の実現
3. 経営数値の可視化による社員の利益意識の向上
4. 案件情報の一元管理によるバックオフィス業務の効率化


オロは今後もシステム・アプリ開発業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。


------------------------------------------------------
【ZAC Enterpriseについて】
https://www.oro.com/zac/

【ZAC導入事例インタビュー】
https://www.oro.com/zac/casestudy/index.html
------------------------------------------------------


<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:藤澤
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング