手間いらず、新機能『TEMAIRAZU DANTAI Travel』をリリース ~オプションで在庫調整も可能に~

DreamNews / 2019年1月22日 13時0分

写真

手間いらず株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:渡邉哲男)が提供する、複数のオンライン宿泊予約サイトを一元管理できる『TEMAIRAZU』シリーズ( https://www.temairazu.com/)に、団体宿泊予約を管理することができる新機能、『TEMAIRAZU DANTAI Travel』が2019年1月22日から搭載されます。

2018年12月20日にお知らせしておりました、『TEMAIRAZU』シリーズの新機能、『TEMAIRAZU DANTAI Travel』がいよいよ搭載開始となりました。宿泊施設は本機能を利用することで、これまでの紙の台帳や表計算ソフトを利用して行っていた団体宿泊予約の管理業務をTEMAIRAZUで行うことができます。『TEMAIRAZU DANTAI Travel』の基本機能は無料でご利用いただけ、またオプション(有料)で客室在庫の調整やPMSとの連動も可能となりました。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000188185&id=bodyimage1

『TEMAIRAZU DANTAI Travel』機能では、登録した団体宿泊予約を案件ごとに一覧で表示することや、csvファイルでダウンロードすることも可能です。データの取り込みにも対応しており、表計算ソフトで管理していた団体予約をTEMAIRAZUに取り込むことができます。さらに、リマインダーの設定も可能なため、仮予約の確認など重要な作業の対応漏れを防ぐことができます。本機能を利用することで、これまで煩雑だった団体宿泊予約の管理業務の効率化を図ることができます。

■ 『TEMAIRAZU』シリーズシステム概要
『TEMAIRAZU』シリーズは、国内宿泊施設向けに複数の宿泊予約サイトの一元管理を行う基本機能と、予約情報の高速取得やイールドマネジメント機能等を備えたASPシステムです。宿泊施設は、『TEMAIRAZU』シリーズを利用することで、一括で在庫と料金のコントロールができ、収益を上げ、コスト削減が可能となり、利益の最大化が実現できます。

<対応可能予約サイト及び自社予約システム>
▼ 国内宿泊予約サイト
楽天トラベル、じゃらん.net、るるぶトラベル、一休.com、マイナビトラベル、JALパック、ANA、Relux等
▼ 海外宿泊予約サイト及び、ホールセラー 他
Booking.com、agoda、Expedia、Ctrip、Hostelworld、GTA、自在客、HotelsCombined、
TripAdvisor、hotelbeds、Airbnb、AsiaYo、DOTW、Shiji Distribution Solution 等
▼ 自社ホームページ用宿泊予約システム
ダイレクトイン、予約プロ、OPTIMA、FastBooking、予約番、Globekey 等

【手間いらず株式会社の概要】
(1)商号      手間いらず株式会社(東証マザーズ : 2477)
(2)事業内容    宿泊施設向け予約管理サービスの提供
           情報の比較及び集約サービスの提供
(3)本社所在地   東京都渋谷区恵比寿1-21-3 恵比寿NRビル7F
(4)代表者名    代表取締役 渡邉 哲男
(5)資本金     711百万円
(6)主なサービス  予約サイトコントローラー『TEMAIRAZU』シリーズ
           ( https://www.temairazu.com/
           比較サイト『比較.com』( https://www.hikaku.com/

【本件に関するお問い合わせ】
手間いらず株式会社 経営企画室
TEL:03-5447-6690  FAX:03-5447-0595
e-mail:pr@temairazu.com



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング