JBS、Microsoft Azure に対応した監視・運用プラットフォームをマネージドシステムサービスに採用。クラウド、ハイブリッド環境を強みとする JBS オリジナルサービスを一新

DreamNews / 2019年1月29日 10時0分

日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘 以下、JBS)は、エンタープライズ向けのアウトソーシングサービス「the MATRIX for マネージドシステムサービス」の運用プラットフォームとして、マイクロソフトのクラウドサービスに適したオペレーションプラットフォーム「OpsRamp(※)」を採用し、2019年1月29日にサービスを一新しました。

昨今、IoT、ビッグデータ、AI といった先進技術の活用が進み、IT システムのクラウド化が拡大しています。お客様企業ではクラウドやハイブリッド環境に対してもシステム運用・監視のニーズが高まっており、当社の新サービスはそのご期待にお応えするものです。JBS が得意とする Microsoft Azure 環境やハイブリッド環境の運用を統合することで、より効率的に安心・安全にサポートします。

■背景
企業システムのクラウド化が進む中、クラウド環境、ハイブリッド環境にまたがるシステム監視のニーズは日々高まる一方です。また、IaaS や PaaS、プライベートクラウドなど、マルチクラウド利用が一般的となり、複雑化の一途を辿る中でその全てを統合して監視・運用することが求められています。

■OpsRamp 導入の主な効果
・Microsoft Azure などのクラウド環境、マルチクラウド環境を対象としたサポート範囲の拡張。
・Automation によるアラート発生からインシデント発行、お客様への通報、初期対応を自動化、スピードが向上するとともに運用工数を削減可能。
・OpsRamp の AIOps ソリューションを活用したアラートマネジメントと早期復旧。
・API による豊富なシステム連携により、顧客の希望に沿ったアラート通報の仕組みを実装可能。
・リモートアクセスの集中管理とオペレーション証跡の記録による利便性とセキュリティの向上。

■JBS の the MATRIX for マネージドシステムサービスについて
24 時間 365 日のサポート体制による統合マネージドサービスであり、企業の継続的なシステム稼働の安定性を実現するアウトソーシングサービスです。当社の長年の運用ノウハウと統合運用管理システムを活用した最先端の IT オペレーションにより、オンプレミスとクラウド環境が混在するハイブリッド環境、マルチクラウド環境に対応します。急激に変化する IT 環境において、コンプライアンスに基づいたサービスを提供します。
https://www.jbs.co.jp/solution/list/thematrixmanagedsystem

なお、この度の発表に関して、Ops Ramp, Inc.と日本マイクロソフトからエンドースメントをいただいております。

■Ops Ramp, Inc.
“The OpsRamp platform is a SaaS-based, multi-tenant solution that enables enterprise IT organizations and cloud service providers like JBS the flexibility and control they need to manage and monitor today's hybrid, multi-cloud infrastructure, applications, and workloads, including Microsoft Azure. We are excited to partner with JBS and look forward to a long and successful relationship."

OpsRamp, Inc.
Co-founder & CEO
Varma Kunaparaju

参考訳
OpsRamp は SaaS ベースのマルチテナント対応が可能な IT 運用管理プラットフォームです。企業の IT部門や日本ビジネスシステムズ様のようなクラウドサービスプロバイダは、OpsRamp を使うことによって Microsoft Azure を含む今日のハイブリッドクラウドあるいはマルチクラウド・インフラストラクチャ、アプリケーション、およびワークロードを必要性に応じて柔軟に監視・運用することができます。当社は今回の日本ビジネスシステムズ様とのパートナーシップを非常にうれしく思っています。またこのパートナーシップが末永く成功裏に発展しますようにと願っています。

■日本マイクロソフト株式会社
日本マイクロソフトは、日本ビジネスシステムズ様 の the MATRIX for マネージドシステムサービスのプラットフォームとして OpsRamp が導入されたことを心より歓迎いたします。
Microsoft Azure をはじめ、多様なクラウドサービスが進化し需要が増える中、安全にクラウド環境を使うためのサービスが求められており、かつてないニーズの高まりを見せています。今回の OpsRamp を基盤としたマネージドシステムサービスによって、複雑化する企業のクラウドコンピューティング環境を効率的に監視、安全に運用できるようになり、Microsoft Azure の利活用がより一層進むことを期待します。
今後も、日本マイクロソフトは 日本ビジネスシステムズ様 と共に、お客様のビジネスの成功に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 パートナー事業本部
パートナ―ビジネス統括本部 統括本部長
金古毅

今後も JBS は、エンタープライズで培われた経験と日本マイクロソフトとの強いパートナーシップを背景に、企業の皆さまに貢献するサービスを提供してまいります。

※OpsRampとは
米国 OpsRamp, Inc. が提供する、エンタープライズ向け IT オペレーションプラットフォームです。複雑化するクラウド、ハイブリッドコンピューティング環境のシステム運用からサービス管理に至るサポートを SaaS 型サービスで提供しています。
https://www.opsramp.com/

OpsRamp は日本国内において、VistaNet株式会社 が総販売代理店として、販売、販売促進ならびに技術サポートを提供しています。
http://www.vistanet.jp/partners.html

・Azure は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
・OpsRamp は、米国 OpsRamp, Inc. の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

【日本ビジネスシステムズ株式会社(JBS)について】
代表者:代表取締役社長 牧田 幸弘
設立:1990年10月4日
社員数:2,193名(連結、2018年10月時点)
URL: https://www.jbs.co.jp
事業概要:
JBS は、マイクロソフト製品を中心とした IT ソリューションを提供する独立系システムインテグレーターです。最新の テクノロジー を活用し、次世代のイノベーションパートナーとしてお客様のデジタルトランスフォーメーションの実現をご支援します。

・マイクロソフトコーポレーションが選出し、マイクロソフトにおける2018年度に日本で 1社に与えられる「2018 Microsoft Country Partner of the Year」受賞
・日本マイクロソフトが選出する「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー」を 2013年より連続受賞(2018年はModern Workplace Transformation カテゴリ)
・マイクロソフト Gold コンピテンシー 14カテゴリ保有

■プレスリリースに関するお問い合わせ
日本ビジネスシステムズ株式会社 経営企画部 広報課 加藤
E-mail: PR@jbs.com / TEL: 03-6772-4000

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング