スマホでかんたん経費精算、すき間時間を有効活用! 経費精算システム『eKeihi』が最新版をリリース

DreamNews / 2019年3月4日 13時0分

写真

経費精算システムのパイオニアであるイージーソフト株式会社(神奈川県相模原市中央区、代表取締役:山本覇利努)は、2019年2月28日、550,000ユーザーを超える導入実績を誇る経費精算システム『eKeihi X(イーケイヒ エックス)』の機能強化版をリリースしました。

■スマートフォンアプリの機能強化
スマートフォンアプリに、以下の機能強化を行いました。
「すき間時間を使った経費精算」により、業務効率化を後押しします。

・経費申請/経費精算の追加
スマートフォンアプリにて、経費申請/経費精算がご利用いただける様になりました。

・訪問パターン転記
交通費精算、出張申請/出張精算にて、予め登録されている訪問パターンを選択できる様になりました。


■未承認・未精算伝票の催促メール送信
未承認の伝票、および未精算の伝票が存在する場合に、催促メールを自動送信できるようになりました。
これにより、今まで滞っていた伝票処理フローが促進され、経理担当者の負担軽減が期待できます。

・承認
期日を過ぎても承認処理が行われていない伝票について、承認が行われるまで承認者へ催促のメールが毎日自動配信され承認を促します。
グループ承認にしている場合は、グループに所属している全員にメールで通知します。

・未精算
経費申請が完了しているにもかかわらず、期日を過ぎても精算起票が行われていない精算伝票について、起票が行われるまで申請者へ催促のメールが毎日自動配信され起票を促します。

催促メールは複数の伝票が滞留している場合でも、1通にまとめられて送信されます。
設定された期日から一定日数で送信するようにでき、メールの件名や本文も機能設定で適宜変更することが可能です。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000190342&id=bodyimage1


『eKeihi』はこれからも、経費精算業務改善のパートナーとして、より多くのお客様にご利用いただけるよう、改善を続けて参ります。


■『eKeihi』について
『eKeihi』は、販売開始より20年を迎える、経費精算特化型システムのパイオニアとして、累計で550,000ユーザー/2,100社超の導入実績を有し、導入シェア5年連続No.1(※)を誇る、コストパフォーマンスに優れたシステムです。
製品情報: https://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/
導入実績: https://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/jisseki/
(※)株式会社ミック経済研究所「ERPフロントソリューション市場の実態と展望2018年度版」による。

■イージーソフトについて( https://www.ezsoft.co.jp/company/
イージーソフト株式会社は、2000年7月の設立以来、「誰にでも簡単に使えるソフト」「先端の技術を駆使したソフト」「コストパフォーマンスに優れたソフト」「お客様に満足してもらえるソフト」の提供を会社のビジョンとして、数多くのお客様とパートナー様に支えられながら、IT社会の進展に力を注いで参りました。
当社はこれからも、IT社会に必要不可欠な企業を目指してお客様を第一に考え、お客様の発展に寄与し、自己革新を通じて、継続的に新しい価値を創出する企業に、進化し続けます。



配信元企業:イージーソフト株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング