不動産業務支援のいえらぶGROUPが、埼玉・千葉宅建協会の会員へJTN連携サービスを提供開始!登記簿図書館、ブルーマップ等の閲覧・取得サービスがたっけんクラウドから利用可能に。

DreamNews / 2019年5月8日 16時0分

写真

不動産業務支援CLOUDサービスを提供する、株式会社いえらぶGROUP(本社:東京都新宿区、代表取締役:岩名泰介 以下「いえらぶGROUP」)は、公益社団法人 埼玉県宅地建物取引業協会(本部:埼玉県さいたま市、会長:内山 俊夫)と一般社団法人 千葉県宅地建物取引業協会(本部:千葉県千葉市、会長:貝川和正)の会員に向けて、2019年5月8日に新たな連携サービスの提供を開始しました。

いえらぶGROUPは両宅建協会の会員に向けて、不動産業務支援サービス「たっけんクラウド」を提供しております。
今回は「たっけんクラウド」の新機能として、株式会社情報通信ネットワーク(本社:東京都大田区、代表:佐野秀光 以下「JTN」) が手掛ける、登記簿図書館、ブルーマップ等の閲覧・取得サービスへの連携を新たに開発致しました。

たっけんクラウド内のバナーを押すとJTNの専用画面に遷移し、サービスの利用が可能になる仕組み(利用に関しては各機能の1回利用毎に別途料金がかかります)。一部機能は通常よりも安く利用できるほか、これまでの他社連携ではできなかった図面配送等のサービスも、利用可能となります。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000194013&id=bodyimage1

■JTNが手掛ける各種サービスについて
・登記簿図書館とは
本来法務局で取得する登記簿謄本を、法務局より安く、24時間365日いつでも、CSV (Excel)形式で取得できるシステムのことを指します。

・ブルーマップとは
住所から不動産登記の地番が簡単に分かるようにした地図のこと。法務局で取得できるものとは異なり、本サービスも24時間365日利用することができます。

■株式会社情報通信ネットワーク(JTN)
金融機関や不動産業界のお手伝い役として特化したビジネスを運営致しております。
日本で初めて開始したブルーマップのネット配信サービス、マンション索引簿ネット配信サービス、
登記情報の変動を監視出来る登記見張り番サービス、登記情報をCSV出力する事を可能にするサービス、インターネットでの登記情報を法務局よりも安く提供すると言う常識では考えられない登記簿図書館サービスなど、常に前人未到の日本初の事業に挑戦し続けてきております。

■公益社団法人 埼玉県宅地建物取引業協会
(公社)埼玉県宅地建物取引業協会は、宅地建物取引業法 第74条第1項によって1967年に設立された埼玉県知事認定の唯一の公益社団法人です。宅建業の健全な発展を目的に、行政との連携のもと、会員の指導・研修、人材育成、消費者保護、地域社会貢献事業に取り組んでおります。また、県内27市15町1村において空き家バンク媒介協定を締結しております。

■一般社団法人 千葉県宅地建物取引業協会
(一社)千葉県宅地建物取引業協会は、宅地建物取引業法第74条第1項に基づき、宅地建物取引業の適正な運営を確保し、消費者の利益を保護することにより、公共の福祉に貢献することを目的に設立された団体です。県下11カ所に支部を置き、県内の約3,700社の宅建業者が加入しており、行政との連携のもと、会員の指導・研修、人材育成のほか、すまいづくり協議会に参画する等、各種地域社会貢献事業に取り組んでいます。

■株式会社いえらぶGROUP
いえらぶGROUPは「ITを使って不動産会社の業務を効率化する」「誰もが快適に住まいを探せる環境をつくる」という使命のもと、2008年に設立した不動産×ITサービスの運営会社です。不動産会社の日常業務を支援するクラウドサービス「いえらぶCLOUD」は全国12,000社以上で利用されています。また、近年深刻化する「空き家問題」に取り組むメディアの運営や、「おとり広告」を未然に防ぐ独自機能の開発などを通して、住まい探しをサポートしています。いえらぶGROUPは今後も不動産業界のIT化を促進し、よりよい"住"環境の実現に向けて努めて参ります。

会社名:株式会社いえらぶGROUP
所在地:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル24F
代表者:岩名 泰介
設立:2008年1月
資本金:3825万円
URL: https://www.ielove-group.jp/



配信元企業:株式会社いえらぶGROUP
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング