ピープルソフトウェア株式会社、基幹業務システムに「ZAC Enterprise」を採用

DreamNews / 2019年5月16日 13時0分

写真

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000194323&id=bodyimage1

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田篤、以下オロ)は、ピープルソフトウェア株式会社(岡山県倉敷市 代表取締役社長 横道 彰、以下ピープルソフトウェア)がオロのクラウドERP「ZAC Enterprise」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。

ピープルソフトウェアは岡山を中心に東京、大阪と展開。受託ソフトウェア開発、自社SaaS製品・パッケージ製品の開発から提供、販売を行っています。品質にこだわり、顧客に感動を与える「ソフトウェア」を創造・提供し続けています。

■ 業務の分散管理が課題に
同社では、プロジェクトに関する販売業務や、発注/仕入業務、工数管理などが複数のシステムで管理されており、情報の転記や二重入力が管理部門の負荷になっていました。また、自社構築したプロジェクト収支管理システムの老朽化が進んでいたため、システムリプレイスを検討していました。

■ ZACにより業務の一元化・効率化を目指す
ZACの採用に当たっては、販売管理・購買管理等の一元化により、二重入力や紙処理を削減し、月次処理早期化などの業務効率を高めることが期待されています。また、ワークフローの構築により、業務の標準化・内部統制の整備を目指します。上記に加え、受託システム開発・SaaS・パッケージ製品など、同社の多岐に亘る事業を一元管理できる点も評価されました。

■「ZAC Enterprise」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1.システムの一元化による間接業務の削減
2.複数事業を一元管理できる点
3.業務のシステム化による月次処理早期化及び、内部統制強化

オロは今後もソフトウェア開発業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

-------------------------------------------------------
【ZAC Enterpriseについて】
https://www.oro.com/zac/

【ZAC導入事例インタビュー】
https://www.oro.com/zac/casestudy/index.html
-------------------------------------------------------

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:藤澤
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com



配信元企業:株式会社オロ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング