より適切でより強固な情報の管理体制を実現する 情報セキュリティにおける国際規格「ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)」の認証を取得

DreamNews / 2019年7月24日 10時0分

写真

株式会社Dai(本社:京都府京都市、代表取締役社長:木脇 和政、以下「当社」)は、
国際規格ISO 27001に準拠した情報セキュリティにおける情報管理の枠組みである
「ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)」に準拠する企業として、
BSIグループジャパン株式会社より7月8日に認定を受けたことをお知らせいたします。


■「ISMS」取得の背景
近年、ITシステムやネットワークは社会インフラとして不可欠なものとなっているが、
一方で標的型攻撃やランサムウェアなどによる被害・影響も多発しています。
情報資源を安全に管理・運営していくことは、非常に重要かつ、
社会的責任もあるという認識から、以前よりセキュリティリスクの低減に取り組んできました。

事業やサービスの安定成長に伴い組織が急速に拡大していることもあり、
より適切でより強固な情報の管理を実現するために、
国際規格ISO 27001に準拠した「ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)」の認定を取得しました。

これにより国際規格に準拠した情報セキュリティ体制の確立と、継続的な改善をおこなうことができるようになります。


■「ISMS」について
ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム、英:Information Security Management System)とは、
組織における情報資産のセキュリティを管理するための枠組みで、
ISMSを構築するための要求事項をまとめた国際規格がISO27001です。
企業や組織自身がセキュリティレベルの設定やリスクアセスメントの実施など、
ルールに基づき情報の機密性、完全性、可用性をバランス良く維持・改善することを目的とし、
リスクを適切に管理しているという信頼を利害関係者に与えることにあります。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198605&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社Dai
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング