日本サード・パーティ、クラウド運用サービス「Kyrios」を提供開始 ~インスタンス毎の課金で利用可能な運用で、クラウドサービスの活用を加速~

DreamNews / 2019年8月21日 10時0分

日本サード・パーティ株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 豊、以下:JTP)は、 クラウドサービス利用者向けの従量課金型運用サービス「Kyrios (キリオス)」(以下、本サービス)の提供を、2019年8月21日に開始すると発表いたしました。

■サービス概要
本サービスは、クラウドサービスの稼働に必要な運用を、インスタンス単位の料金体系により、スケールに合わせて利用することが可能なサービスです。

<サービス提供内容>
監視・トラブルシューティング / ID管理 / バックアップ・リストア / 変更管理・コンフィグ変更 / 問題管理・分析 / キャパシティ管理 / 業務改善 / 標準レポート作成 / 手順書作成 / セキュリティパッチ管理・適用 / ベンダーエスカレーション
※利用レベルに応じ、3段階の料金体系を用意しています。

■サービスの特長
(1) インスタンス単位の課金
クラウドベースのシステムの活用が一般的になる一方、運用は、人月単価ベースの従来型が多いことが現状です。本サービスは、パブリッククラウドのように、インスタンス単位で利用できる運用サービスであり、システムのスケールに合わせた運用で、コスト効率を最大化します。

(2) 非定型業務や手順書外作業への対応
クラウドサービスの利用ハードルが下がった一方で、運用までを想定されていないケースも多く、実際の運用の場面になり、問題が発生し、対応に追われる担当者が多い現状があります。JTPは、これまで多くのエンタープライズ環境の運用を手掛けてきたノウハウを活かし、手順書や依頼内容に沿った運用のみならず、想定していなかった運用上の課題の定型化、手順書のアップデートなどへの対応も、標準のサービス範囲で提供しているため、担当者の負担を大幅に軽減します。

(3) クラウドのサービスアップデートに対応
アップデートの多いクラウドサービスは、仕様の変更や、新サービスの活用によって、より効果的にシステムを活用できることがあります。JTPでは、クラウドサービスの動向を常にチェックしているため、運用最適化のご提案をすることができます。

本サービスは、すでに構築済みのアーキテクチャへの対応の他、運用を想定したシステムの設計・構築からのワンストップサポートの提供をいたします。

詳細は、下記のWebページをご確認ください。
https://www.jtp.co.jp/services/ict/kyrios/

今後、本サービスの拡販を通し、クラウドに最適化した運用の利用を可能にすることで、お客様の積極的なクラウドサービス活用をサポートしてまいります。


【日本サード・パーティ株式会社について】
日本サード・パーティ株式会社 (JTP)は、日本に進出する海外のITベンダーやライフサイエンスメーカー向けに、テクニカルサービス、ヘルプデスク、トレーニングなどの技術サービスのアウトソーシングを提供する会社として、1987年に設立されました。2016年以降は、ミッションに「Connect to the Future」を掲げ、ベンダー・メーカーのみならず、幅広い企業のニーズに対するITサービス提供へと事業を展開しています。


【本リリースに関するお問い合わせ】
日本サード・パーティ株式会社 コーポレートコミュニケーション室
TEL:03-6408-1688 FAX:03-6859-4797
E-mail:pr@jtp.co.jp



配信元企業:日本サード・パーティ株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング