GoogleスピードアップデートSEOの近道。Webページ高速化を"診断"ではなく"リハーサル"。実践型レポートサービス「PageSpeed改善リハーサル」を提供開始

DreamNews / 2019年8月21日 17時0分

写真

アイデアマンズ株式会社(ソフトウェアの企画・開発・販売およびWebサービスを提供・本社 東京都港区・代表取締役 宮永邦彦)は、Webページ高速化のための新しいレポートサービス「PageSpeed改善リハーサル」を2019年8月21日にリリースしました。

PageSpeed改善リハーサル
https://www.ideamans.com/services/pagespeed/

■ PageSpeedスコアでお悩みの企業へ

本サービスはPageSpeedスコア(PageSpeed Insightsのスコア)がなかなか上がらないことでお悩みの企業に向けたレポートサービスです。

通常、表示速度の診断レポートはページの問題点を明らかにします。しかし問題点を解消すればどのくらいスコアが改善されるかは、実際にサイトを改修してみないとわかりません。予算をかけてサイトを改修してもスコアが改善されず、失策に終わる可能性があります。

■ 高速化の手法を総当りで検証

本サービス「PageSpeed改善リハーサル」はその発想を逆転。約20通りの手法でページを模擬的に改修(リハーサル)して、どの手法が実際に有効かPageSpeed Insightsによって実際にスコアを計測して比較します。

本当に効果の高い手法から選択し、失策を避けることができます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000200211&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000200211&id=bodyimage2

■ リハーサルの実施手順

本サービスでは、まず弊社のWebサーバー上にお客様のページの高精度なコピーページを制作します。コピーページ上で約20通りの改修をリハーサルします。

そのため稼働中のサイトに一切影響なく、事前にサイトの改修とその成果を安全に検証できます。

■ リリース記念キャンペーン料金

サービスのリリースを記念し、2019年9月末までにお申し込みのお客様に次の料金で注文を承ります。

・基本料金 150,000円(税別) 1ケースの検証・アフターサポート
・追加ケース 100,000円(税別) / ケース

■ 利用実績

事前のテストマーケティングにて3社にご利用いただきました。

● 株式会社オンワード樫山様 ONWARD CROSSET
株式会社オンワード樫山様の公式通販サイトONWARD CROSSETについて調査を実施。最大+25.8ポイントのPageSpeedスコア改善を提案しました。

● ご利用のお客様
・海外アウトドアグッズブランド様 公式通販サイト 最大+33.2ポイントのPageSpeedスコア改善を提案
・美容系比較サイト様 最大+34.8ポイントのPageSpeedスコア改善を提案

■ サービスの特徴

● 次のアクション「実際のサイトの改修」のためのレポート
優先順位を決定し、エンジニアやデザイナーがその作業を行うことを想定した複数のレポートを納品します。

・全職種向けA4用紙1枚の「概要レポート」
・エンジニア・デザイナー向けの詳細な「技術ガイド」
・実際に閲覧できるコピーページの「URL一覧」
・成果を検証した200回以上のPageSpeedスコア「計測データ」
・よく寄せられる質問とその回答をまとめた「FAQ」

■ ソースコードも一式納品

改修をリハーサルしたソースコード(HTML・CSS・JavaScript・画像など)も一式納品します。
そのソースコードを参考にすることで、より早く正確にリハーサルの結果をお客様のサイトに再現できます。

■ 30日間のアフターサポート

基本料金にはレポートの納品から30日間のアフターサポートが含まれます。

・メールでの質疑応答(回数制限なし)
・オンラインセッション(30分間1回まで)

■ 十分な検証ができない場合は無料キャンセル

サーバーとの複雑な通信を伴う場合など対象ページの技術的な仕様により、十分な検証ができない可能性があります。
その場合、キャンセル料は発生しません。

■ 開発の背景

● PageSpeedスコアは検索順位とコンバージョン率に関係する指標
2018年7月、Googleが実施したスピードアップデートにより、PageSpeedスコアが低いモバイルサイトの検索順位は下げらると言われています。

また、サイトにユーザーを集客できてもページの表示が遅いとそのストレスから離脱されます。Googleは2018年の自社ブログで「表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇する」と言及しています。

Find out how you stack up to new industry benchmarks for mobile page speed
https://www.thinkwithgoogle.com/marketing-resources/data-measurement/mobile-page-speed-new-industry-benchmarks/

こういった経緯から、表示高速化の成果としてPageSpeedスコアの改善を望む企業が増えていますが、「何をやっても上がらない」「何から手を付けてよいかわからない」という苦労の声をよく耳にしました。

● 単独でのPageSpeedスコア改善が難しい3つの理由
そういった企業の悩みは次の3点に起因します。

・PageSpeedスコアには算出の公式がありますが、あまり知られていません。その公式に合わない手法ではスコアの改善は見込めません。
・公式に合った手法であってもWebページの表示プロセスは複雑で、因果関係からスコアの改善を正確に予測することは困難です。
・Webの表示速度改善はひとつの専門分野です。そのスキルまで持ち合わせたWeb制作会社は、実態として多くありません。

試してみなければわからないのであれば発想を転換して、低コストで総当りに手法を試す方法を模索したのが本サービス「PageSpeed改善リハーサル」です。

■ 本情報に関するお問い合わせ窓口

● アイデアマンズ株式会社 広報担当
・電子メール: contact@ideamans.com
・電話番号: 03-6869-3643 (自動応答)

● アイデアマンズ株式会社について
アイデアマンズ株式会社は、2005年11月に設立したソフトウェア開発会社です。Web制作業務を支援するパッケージソフトウェアやWebサービスを提供しています。

・Web画像のAIによる自動軽量化ソフトウェア「LightFile」
・Google Analyticsのデータを活用した人気ランキング表示「Ranklet」
・シックス・アパート社のCMS「Movable Type」向けプラグイン各種
・日本初のInternet Explorer用Webページキャプチャアドオン「WebScan」(提供終了)



配信元企業:アイデアマンズ株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング