欧州、米国、中国におけるモビリティ市場の最新動向をまとめた「モビリティサービス最新動向」をリリース

DreamNews / 2019年9月5日 15時0分

写真

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛ける株式会社SBDジャパン(名古屋市)では、欧州、米国、中国で提供されているモビリティサービスの最新動向についてまとめたレポート「モビリティサービス最新動向ガイド 2019年8月版」を2019年8月19日に発行しました。

現在、欧州、米国、中国では、カーシェアリング、ライドヘイリング、タクシー仲介、相乗り、レンタカー、P2Pシェアリングと様々なモビリティサービスが提供されていて、多くのOEMがもモビリティ関連のサービス/イニシアチブ/プログラムを発表しています。

本書では各モビリティサービスの特徴や事例、各市場で提供されているコネクテッドモビリティサービスの概要一覧と各サービスの詳細、モビリティサービスにおけるOEMの役割などについて掲載しています。

https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/618-19_IB_J.pdf


<本書の構成>
本書では下記セクションごとにモビリティサービスの最新動向について詳説しています。

モビリティサービスについて:現在提供されている6つのモビリティサービスの概要、それぞれの長所と短所、各サービスを提供しているサプライヤーを掲載しています。

サービスの概要:全サービス、車両サービス、ドライバーサービスの詳細と各サービスの料金設定ビジネスモデルを比較しやすい一覧で掲載しています。

モビリティサービスにおけるOEM:自動車モビリティの6つのソリューションカテゴリーごとのバリューチェーンにおいてOEM各社が提供しているサービスの概要、OEMとの関係、世界でのサービス展開状況などもモビリティサービスにおけるOEMの役割について解説しています。

サービスの詳細:各サービスプロバイダーが提供するサービスについて概要、サービスの詳細、サービスアーキテクチャ、料金設定モデル、サービス利用、サービス展開状況などについて紹介しています。

レポートの詳細
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/618-19_IB_J.pdf



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000200916&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000200916&id=bodyimage2

本レポートの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

株式会社 SBDジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

【SBDについて】
英国を本拠とする自動車技術の調査・コンサルティング会社です。1997年の創業以来、日本、欧州(英国とドイツ)、米国、中国の拠点から自動車業界に携わるクライアントをグローバルにサポートしています。
クライアントは自動車メーカー、サプライヤー、保険業界、通信業界、政府・公的機関、研究機関など自動車業界のバリューチェーン全体。調査対象エリアは欧州、北米、中国、ブラジル、インド、ロシア、東南アジアなど世界各国の市場を網羅。自動車セキュリティおよびIT、コネクテッドカー、自動運転などの分野において調査を実施、各種レポートやコンサルティングサービスを提供しています。



配信元企業:株式会社SBDジャパン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング